にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:19.

「狼と香辛料」 読了

狼と香辛料電撃文庫から出てる小説「狼と香辛料」読了。2回前の電撃小説大賞で銀賞だった話。既に続編も含めて4冊出てるんですが、第1巻を読了。

おもしろい!です。

ファンタジー小説で、貨幣経済の仕組みとか信用取引についてとか、そんな題材が出てくるとは思いませんでした。(^_^;) 小説の内容からして作者は経済学部出身だろうか……と思ったら、理学部出身らしい。物理をやっているとカバー折り返しの著者紹介に書いてありました。

剣と魔法っぽい世界観なのに、話のメインがそこにないところがとても新鮮です。剣も魔法っぽいことも出てくるんだけど(ホロの存在自体がそう)、この小説は、貨幣経済でのマネーゲームを楽しむところがメインですね。たぶん。とはいえ難しい話ではなく、楽しく読める話です。終盤はハラハラもします。^^;

ホロ(狼の化身)がかなり個性的で魅力的なキャラですね。この話し方は珍しいなあーー。過去に読んだラノベでは遭遇したことないです。江戸時代にあった吉原の遊女の話し方だっけ?

これで銀賞なのかっ。個人的にはもっと高い評価でも良かったんじゃないかと思いました。(まあそれは、改稿後の出版物を読んだからかも知れないけど。) このときの大賞は何だったんだ!?……と思ったら、「お留守バンシー」だった。なるほど…。(^_^;) 「お留守バンシー」も4巻まで出てますね。4巻も買ってありますが、それは積ん読状態で、今のところ読んだのは3巻まで。早く読みたいとは思っているのですが。^^;

この「狼と香辛料」は、積ん読棚にある1冊だったわけで、これで積ん読棚から1冊減ったわけですけど……、今日、第2巻を買って帰ろうかな…。(^_^;;;
ぜひ、続編も読みたい小説です。

第12回電撃小説大賞 銀賞「狼と香辛料」 選評
狼と香辛料(電撃文庫)

---(追記)---
というわけで、第2巻を買って帰ってきましたー。(右上写真参照)
早く読みたい。(^_^)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---