にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/05/11. 12:18:14.

Amazonの分割配送料が改定!?

さっき、Amazon.co.jpから本を注文しようとして、いつものように「分割発送」を選択して衝撃を受けました!

今までのAmazonでは、1回の注文金額の総額が¥1,500円を上回ってさえいれば、1つ1つの商品単価が¥1,500円未満であっても、「分割発送」を指定しても送料は無料でした。

しかーし!

これが、1つ1つの商品単価が¥1,500円を下回る場合に「分割発送」を選択すると、それぞれに配送料が加わる仕様に変更されていました!!!

がーん。

以下は、既に発売されている「月詠(14)」と、予約注文になる「ドラゴンマガジン(1月号)」を同時に注文した場合の決済画面。

■一括発送の場合 (総額が¥1,500円を超えるので送料は0円)
Amazon注文画面1

■分割発送の場合 (それぞれの単価が¥1,500円を下回っているので送料は¥300円×2)
Amazon注文画面2

Amazonの配送料ページを見てみると、確かに仕様が変わってまして、以下のように説明されてました。

「分割発送」を選択すると、ご注文の合計金額が1500円(税込)以上でも、商品1点の金額が1500円(税込)未満の場合は、配送料が加算されますのでご注意ください。

ううーん。
これからは、あんまり気軽に「分割発送」を選択できなくなるなあ~。

ところで、今までネット上で幅広く雑誌を購入したいと思うと、Amazon.co.jpくらいしかなかったと思うんですが、楽天ブックスでも雑誌の扱い範囲が広がりました。
検索してみると、「ドラゴンマガジン」も注文可能になってます。
しかし。
明日発売であるはずの「ドラゴンマガジン1月号」がまだデータベースに存在しません。
というわけで、Amazonで注文。^^;;;

コメント

お、遅いですよ、今更そのネタは。
ちょっと前にネットで騒然となったではないですかw

さておき、 amazon でのお買い物が多い場合、やはり有料会員の Prime 契約をした方が良いですよ。
amazon.co.jp/gp/subs/primeclub/signup/main.html
確かに高いサービスではありますが、送料を気にする必要がなくなるだけでなく、常時お急ぎ便を利用できますしね。

…今みたら、家族会員も利用できるそうですし。
(独居人なので、今まで気にしてなかった orz)

ふと気になったライトノベルを出勤直後にサクッと注文してしまえば、帰宅時には送料無料でポスト便されているという驚異の利便性!!
しかも、お急ぎ便の場合は発送業者がクロネコになると云うのも重要ですねw

分割での送料値上げは露骨に誘導策とは思いますが、その誘導にノッてみるのも悪くないですよ。

投稿者 n-yoshi : 2007年11月30日 02:02

n-yoshiさん、どうもです。

ありゃ。ネットで騒然となってましたか。(笑)
全然気づいてませんでした。
(ネット書店のうち)Amazonでしか買えないものはAmazonで買いますが、そうでないものは、楽天ブックスとかで買うことが多いのですよー。

Amazonの「お急ぎ便」で即日到着になるのは関東圏だけですよね?だから、あんまりメリットを感じてないのです。(^_^;;;
それに、銀行の時間外手数料すら1度も払ったことがないほど、無駄な手数料を取られるのがイヤなので。(笑)

投稿者 にしし : 2007年12月01日 23:47

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。






※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

このブログ内限定での主要なカテゴリ

track word

--- 当サイト内を検索 ---