にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:37.

第138回 直木賞

今朝の読売新聞朝刊を読みましたら、第138回直木賞に、桜庭一樹先生の「私の男」が選ばれたと書かれてて驚きました。

読売新聞「直木賞:桜庭一樹さん」

桜庭一樹先生といえば、富士見ミステリー文庫で「GOSICK」シリーズを書かれてる方です。今年の私の年賀状でも「2007年の気に入ってるシリーズ」としてネタにしました。(^_^;)

ファミ通文庫や富士見ミステリー文庫でライトノベルを書いてこられていますが、直近の新刊はハードカバーの小説が続いてますね。「私の男」は文藝春秋、「青年のための読書クラブ」は新潮社。昨年の直木賞候補だった「赤朽葉家の伝説」は東京創元社。

GOSICK」シリーズは特に完結してるわけじゃないので、続きをとても楽しみにしてるんですが、果たして続編は書かれるんだろうか……?(^_^;;;
それが心配だ。^^;
年2~3冊のペースで刊行されてましたけど、2007年は1冊だけだったんですよね。
続きが読ーみーたーい~~~(^_^;;;

芥川賞に川上未映子氏、直木賞に桜庭一樹氏(@Google NEWS)
桜庭一樹さん「書ききった」満足感…直木賞(@報知新聞)
【直木賞】「深酒、夜ふかし…がごほうび」桜庭一樹さん一問一答(@MSN産経ニュース)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---