にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:16.

JR宝塚駅がパワーアップするらしい

JR宝塚線の宝塚駅が、今、半分ぶっ壊されてます。
阪急宝塚駅へ向かう陸橋の上からJR宝塚駅を見ると、なんか「空爆でもされたんですか?」とか思っちゃうようなぶっ壊され具合です。

ぶっ壊す前に、宝塚駅全体を半分くらい福知山方面へずらす工事が行われました。で、残った大阪方面側を今ぶっ壊してるわけです。
何すんのかなー?と思ったら、どうやら橋上駅舎化工事というのが行われているようです。2010年完成予定とか。
なるほど、あのみすぼらしかったJR駅も、やっと大きくなるんですね?(笑)

すんごく豪勢な阪急宝塚駅と比べると、JR宝塚駅は、あまりにもみすぼらしすぎます。(笑) まあ、JRの駅としては普通の駅だと思いますが。阪急宝塚駅がでかいので、それと比較すると、余計に差が大きく開いて見えるんですよね。(下記写真参照)

JR宝塚駅と阪急宝塚駅
Wikipedia「宝塚駅」から転載

阪急宝塚駅は、高架駅で2階が改札口、3階がホームになってます。阪急百貨店とか、ショッピングモールとかと隣接してます。ホームも改札も広くて綺麗です。
ホームには4本レールがあります。

しかーし。JR宝塚駅は、地上駅で、改札口も狭いです。ラッシュ時の混雑は大変です。まあ、私はラッシュ時に宝塚駅を利用することはないに等しいので、別に関係ないんですが。
(脱線事故の復旧工事期間中は、ここで阪急電車に乗り換えるしかなくて大変でした。ただ、あのときは3本あるレールのうち端の1本を潰してホーム面積を広くしてたので、混雑は緩和されてましたけど。)

で、この小さかったJR宝塚駅も、ようやく大きく改良されるんですね!
今日、工事現場の側面に貼ってあった完成予想図を見たんですが、なかなかでかくていい感じの駅舎でした。まあ、実際にできあがってみないと分かりませんけど。
完成予想図を見ると、阪急宝塚駅にも匹敵するような綺麗さでしたが(笑)、誇張じゃないよね?(笑)

JR宝塚駅 新駅舎完成予想図JR西日本のウェブサイトを探してみましたが、宝塚駅の完成予想図は見つかりませんでしたあ。残念。デジカメで写真に撮ってくればよかったな。空爆状態と一緒に。(^_^;;;
右写真は、ケータイのカメラで撮った「宝塚駅完成予想図」。工事現場の壁に貼ってありました。でも、解像度が低すぎて全然わかんねえ。(^_^;;;

まあ、阪急ほどにでかくは作らないだろうけど。(物理的に場所もないし、JRの場合、宝塚駅は宝塚線1本しかない駅だし。) それに、駅舎を上にするだけで、レールそのものを高架線にするわけじゃないんでしょうし。(それこそ物理的に不可能です。すぐ隣にマンションとかあるので。)
まあ何にせよ、駅がでかく綺麗になるっぽいのはいいことです。

ところで宝塚駅って、明治時代に開業したんですね!
Wikipediaによると、JR宝塚駅は明治30年(1897年)、阪急宝塚駅は明治43年(1910年)に開業したらしいです。そんなに歴史あったのか……。^^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---