にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:19.

背表紙を比較してみたら

A5サイズだった電撃hpがB5サイズの電撃文庫MAGAZINEになり、A4サイズだったドラゴンマガジンもB5サイズになり、ライトノベル系の小説誌の高さが揃うようになりました。(^_^;)
で、同じ本棚に並べてみたところ、背表紙の違いに気づきました。

ザ・スニーカー、電撃文庫MAGAZINE、ドラゴンマガジン、キャラの!

ドラゴンマガジン」、「ザ・スニーカー」、「キャラの!」の3誌は、背表紙に特集の内容とかが文字で書かれてます。が、「電撃文庫MAGAZINE」だけは内容に触れてません。^^;
ただ、「電撃文庫ファンのための新しいエンタテイメントマガジン」とだけでっかく書かれてます。かなり背表紙のスペースを割いてるのに。^^;;;
ずっとそれでいくんだろうか……?

雑誌ってあんまり棚差しされないから、背表紙は重要ではないのかも知れませんが。書店ではたいてい表紙の上部が重要ですよね。たぶん。^^;

昨年に休刊してしまった「ファンタジアバトルロイヤル」も、背表紙には内容に触れる文字は書かれてませんでした。(上記写真の左端)
第50号で終わった「電撃hp」は、背表紙には内容を紹介する文字がたくさん書かれてましたが。(上記写真には写ってません)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---