にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:07.

FOMA 3G版モバイル通信環境「b-mobile 3G」を導入~

PHS版b-mobileから FOMA 3G版b-mobileへ

b-mobile3G hours150 150時間パッケージ BM-DL3-150H 日本通信USB接続のFOMA 3Gモバイル通信環境「b-mobile 3G hours」を新たに導入しました。
b-mobileは、通信機器と150時間分の通信権を最初に一括で購入し、接続1分単位で権利を消化していくプリペイド型の通信サービスです。前払いなので、料金額がこれ以上ないほど明確なのが特長。

今まで、外出時のモバイル接続には、PHS回線版の「b-mobile」を使ってました。ウィルコムの回線を使うもので、 32kbps~128kbps程度しか出ない低速回線です。その代わり、1時間あたり160円程度、1分あたり2.7円程度で接続できるのが魅力でした。低速回線でもメールチェックする分には問題ないんですが、ちょっと重ためのウェブサイトを開こうとすると激しく時間がかかってしまいます。また、大きな建物に入ると電波が届きにくくて接続速度が極端に落ちる問題もありました。

そこで、8月に発売されたばかりの、DoCoMoのFOMA 3Gを利用した「b-mobile 3G」を新たに導入。FOMA 3Gを使った通信ができるので高速です。
自宅で計測してみたところ、359.71kbps(0.359Mbps)ほど出てました。ADSLほどではないにせよ、32kbpsのPHS接続と比較すると10倍です。全然違います。ネットでの報告を読むと500kbps程度出ている場所もあるようなので期待してます。(^_^;)

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2008/09/09 05:53:47
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 359.71kbps(0.359Mbps) 44.8kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 334.362kbps(0.334Mbps) 41.57kB/sec
推定転送速度: 359.71kbps(0.359Mbps) 44.8kB/sec

だいたい接続1分あたり4円

b-mobile(3G)とb-mobile(PHS)ヨドバシ梅田の携帯端末コーナーで¥39,900円(定価)販売されてたのを購入。ポイント10%還元があるので、実質¥35,910円です。(※今はAmazon.co.jpで¥35,511円みたいだ!)
これが150時間分の権利になるので、1時間あたり約240円。1分あたり4円です。
150時間すべてを使い切るか、480日間経過するか、どちらか早い方が使用期限になります。

最初のパッケージには、接続機器の代金が上乗せされているので、今後は更新権だけのもう少し安い金額で更新できるはずです。(FOMA 3G版 b-mobile 用の更新パッケージはまだ発売されていませんが、PHS版 b-mobileの例で考えると更新権だけの方が約1.5~2割程度安いです。)

常時接続でバリバリ使うような用途には向いていませんが、外出先でちょっとメールチェックしたりウェブで調べ物したりする程度の用途には安くて便利です。私の場合、自宅のPCだと常時接続でないと困りますが、モバイル環境にはそこまで求めていませんので、これで十分です。

PHS版のb- mobileもそれなりに気に入ってはいたんですけどね。よほど建物の奥に入らなければ電波は繋がるし、低速回線とはいえその分料金も安いですし。でも、やっぱり重たいウェブサイトを見なければならない状況も頻繁にあって、なかなか表示されないのはちょっとストレスが溜まるのですよね。(^_^;;; あと、遅いということはそれだけ接続時間がかかるわけです。b-mobileは時間単位の従量制ですから、時間がかかればかかるほど料金がかかる(接続権利を消費する)ことになります。それなら、多少時間単価が高くなっても、 FOMA 3G版b-mobileの方がストレス無くていいかなと。

b-mobile 3G 使用感

実際、昨日・今日と接続してみましたが、速度は非常に快適です。
DoCoMoの回線を使っているだけのことあって、電波もちゃんと届いてますし。
PHS版のb-mobileでなかなか電波の届かない建物の奥にはまだ行ってないので試してませんが……。どうかな。でも、ケータイが普通に繋がるんだから大丈夫だよなあ。まあ、DoCoMoのケータイは持ってませんが。

USB接続の機器は、USBメモリよりも少し大きいくらいです。ストラップを付けるところがあったんですけど、適当なストラップがなかったので、とりあえず電撃大王の付録に付いてきたシャナを付けてみました。(*´ヮ`)

b-mobile(3G)とシャナストラップ

b-mobile(3G)とLet's note R5私のノートPC「Let's note R5」の側面にあるUSBポートに刺してみたところ、隣のポートに重なってしまいました。他のUSB機器との同時利用は物理的に無理ですね。なんかUSBを短距離だけ延長するようなコードを付ければ大丈夫でしょうけど。まあ、私はそんなにUSB機器をノートには接続しないので、大した問題ではありません。

というわけで、ちょっとモバイル通信環境が改善されました。
これで、打ち合わせ用にでっかい添付ファイル付きメールが送られてきても、問題なく受信できます。(^_^;;;

PHS版b-mobileと FOMA 3G版b-mobileとの共存

しかし……。PHS版 b-mobile は、120時間分の権利を更新したばっかりなので、まだあと85時間分くらい残ってるんですよね……。これをどうするか。^^;;;
金額的には、15,000円弱分くらい残ってると思います。

必要とする接続速度に応じて両方を使い分ければいいんですが、PHS版b-mobileの接続ソフトと、FOMA 3G版b-mobileの接続ソフトは(そのままでは)共存できないのですよね……。片方の接続ソフトがインストールされている状況で、もう片方をインストールしようとすると、既にインストールされているのをアンインストールしようとしてしまいます。

まあ、やや強引な方法で両者を共存させることには成功したので、とりあえずそれでしばらく使ってみる予定ですが。^^;;;
(※PHS版b-mobileをインストールした状態で、インストール先フォルダをまるごと別フォルダにバックアップコピーしておいてから、正規の手順でアンインストール。次に、FOMA 3G版b-mobileをインストール。最後に、バックアップしていたPHS版b-mobileのプログラムのショートカットを手動でデスクトップなどの適当な場所に作成。これで、とりあえず共存は可能でした。接続も問題なくできています。)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---