にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:02.

私鉄の改札でもICOCA定期券の有効期限が

ICOCA定期券の期限が迫ってきました。11月11日です。
IC定期券で自動改札を通った場合は「ピッ」と音がするだけですが、期限が2週間以内に迫ると「ピピッ」という音に変わって知らせてくれます。
あと改札機の奥側にあるディスプレイにも有効期限が表示されます。

私鉄の自動改札機(PiTaPa対応改札機)でICOCAを使ったら、チャージ残額の表示と共に、有効期限が11月11日だと表示されて驚きました。

ICOCA定期券なので、JRの自動改札機が有効期限を教えてくれるのは当然として、私鉄の自動改札機まで教えてくれるとは思いませんでした。

私のICOCA定期券は、定期券の有効期限が過ぎると、チャージしている金額の利用も停止するよう設定してあります。(定期券の期限が来た事実を忘れて、チャージしている金額を使って乗車してしまうミスを防ぐため)
この停止設定は、私鉄でも有効なんでしょうか?
だとすると、私鉄の自動改札機で有効期限を案内する理由も分かりますが。

ICOCA定期券が定期券として機能するのはJRの範囲内だけです。私鉄でICOCA定期券を使う場合は、ただのICOCA(IC切符)として使う目的以外にありません。
なので、定期券の有効期限と連動してICOCAとしての機能も停止する設定は、ICOCA範囲内(=JR)でだけ有効であれば十分なんですが。
どうなんだろう?

---(追記)---
どうやら首都圏でも同じようです。有効期限の迫ったPASMOを使ってJRの改札を通ると、やはりそこでも有効期限が表示されるのだそうな。
何のカードであっても、有効期限の情報があって期限が迫っていれば表示するようになっているのですね。たぶん。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---