にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:55.

確定申告の電子申告用に「ICカードリーダ」を買った

SHARP 公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系 RW-5100確定申告(青色申告)を電子申告で済ませるべく、11月に市役所で「住民基本台帳カード」(住基カード)を作りました。
んで、その住基カードを読み込むための、「接触型 ICカードリーダライタ」を購入。

マイミクのok2さんが使われてる日立製を買おうと思ってたんだけど、なんか需要が増加したのか売り切れ……。^^; で、SHARP製のにしました。

SHARP 公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系 RW-5100(@Amazon.co.jp)

価格は、Amazonで¥2,120円。結構安いです。
平成19年か20年に電子申告を開始した場合は、無条件に5,000円の皇女控除が受けられます。

住基カードを作るのに500円、公的個人認証サービスを利用するのに500円を市役所に納める必要がありましたが、それを考えても、合計¥3,120円しかかかってません。つまり、5,000円の控除が受けられるなら、1,880円の黒字。(笑)
(公的個人認証の有効期限は3年なので3年後に更新が必要ですし、住基カードの有効期限も10年ですが。)

いやあ、予想よりも安く済んだなあ。
あとは、この機械と住基カードを使って、e-Taxサイトから電子申告の開始申請を行えば良いはず……!

これで、青色申告の書類を紙に印刷する必要もないし、医療費控除とかの領収書を封筒に入れて郵送する必要もなくなるはずです。(一定期間だけ自宅で保管しておく義務はありますが。)

そんなわけで、電子申告環境(ハードウェア)は無事に整いました……!

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---