にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:27.

封筒ごとNewsweekの振込用紙をざっくり切っちまった……

阪急コミュニケーションズから封書が届きました。
Newsweek定期購読の期限が1月で切れるので、その更新案内と振込用紙です。

振込用紙が封筒にぴっちり合った大きさに折られていたためか、カッターで開封するときに、中身の用紙もざっくり切っちゃいました。(爆)

Newsweek定期購読の継続用紙

おぅ。どーすんだコレ。(笑)

左側にある郵便局用の振込用紙は無事なんだけど、クレジットカードで決済したいので右側の(切れちゃった方の)用紙を使いたいんですよね。
テープで留めて郵送するのはマズいだろうなあ。(笑)

郵送で手続きするのをやめて、FAXで送ればいいか。
裏面からセロハンテープで留めて、書き込んで、FAXで送れば、紙が破れてるようには見えないかも知れないし。(まあ、破れているように見えても大して問題ではないと思うけど。向こうに届くFAXは破れてないんだし……。^^;;;)

セロハンテープで留めた紙を、FAX電話機が紙詰まりせずにちゃんと吸い込んでくれればいいんだけど。(^_^;;;

Newsweekは、最も割引率の高い3年購読で継続する予定です。
3年間 計150冊で¥42,000円です。(1冊あたり280円)
一応、定価400円として『30%OFF』を謳ってる3年購読なんですが、最近のNewsweekはほとんど「特別定価450円」なので(笑)、実質37%OFFくらいになってます。^^;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---