にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:25.

Endeavor Pro4700 筐体を開けずにHDDを交換

昨年末に新しく購入したWindows7 PCに、1.5TBの2nd HDDを内蔵させました。
EPSON製Endeavor Pro4700を購入する決め手になった要素の1つに、この「PC筐体を開けることなくHDDを交換できる」点があります。(下写真参照)

Endeavor Pro4700 前面HDDパネル(フロントアクセス)

筐体前面にある取っ手を引っ張ると、内蔵HDDが収納された区画だけを引き出せます。これで、筐体のカバーを開けることなく、HDDの交換ができます。
実際に試してみると、結構ラクです。

専用のカバーにHDDを入れて固定し、カバーごとスロットに差し込むだけで接続できます。(HDDにケーブル類を挿す必要はありません。)
HDDの交換にはとても便利な機構です。まぁ、HDDの交換がそんなに頻繁にあるわけではありませんが。(^_^;)

たいていのPCでは、筐体を開けるとなると、(1)ケーブルを外して、(2)筐体を広い空間に移動させて、(3)ネジを外して……という作業が必要になります。それが不要で、ただHDDのある区画を引っ張り出すだけで済むのは確かに楽です。

HDDは最大で4台内蔵可能なんですが、現状では、(デフォルトで入っている)500GB HDDと、(今回入れた)1.5TB HDDの2台だけが入ってます。
写真だと、既に3台入っているように見えますが、HDDをホールドする空のカバーが入っているだけです。実際にHDDがあるのは右端の1つだけ。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---