にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:21.

チリ地震で地軸がずれて、1日が短くなっていたらしい

チリで起きたマグニチュード8.8の地震によって地軸が少しだけずれて、100万分の1.26秒ほど1日が短くなっていたらしいです。
そんなことあるのか……。(^_^;;;

チリ大地震で地軸にズレ(@ナショナルジオグラフィック via Yahoo!)
チリ大地震で地軸にずれ、1日が「100万分の1.26秒」短く NASA(@AFPNews)

  • チリ大地震による地球の形状軸のずれはおよそ8センチ
  • フィギュア・スケーターが腕を畳むと回転スピードが早くなるのと同じ仕組み
  • チリ大地震によって、地球の質量が一瞬わずかに自転軸に向かって集まり、自転速度がわずかに上昇した。

一瞬だけ短くなったのか、それとも短くなっている状態が今後も続くのか、ちょっとよく分かりませんが。記事には「この状態は永遠に続くものではないという」と書かれているので、しばらくの間はずっと1日が100万分の1.26秒ほど短い状態が続くんでしょうか?

ここで短くなった分、どこかで長くなって差し引きゼロになる……というのではなく、短くなった分は特に取り戻されることなく短くなったまま、というのがちょっと面白いです。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---