にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:25:33.

老若男女を「ろうにゃくなんにょ」と読ますのはジョークとしか思えない

「老若男女」の読みは、「ろうじゃくだんじょ」ではなく、「ろうにゃくなんにょ」です。
そう習います。
習った当時は「特殊な読み方をする熟語なんだなあ」としか思いませんでしたが、今よーく考えてみると、

なんでやねん!

と突っ込まずにはいられません。(^_^;;;
読みにくいだろう……。ろうにゃくなんにょ。
「ろうじゃくだんじょ」の方が、発音は楽なんじゃ……?

早口言葉として利用するために採用したとか、口にさせないためにわざと言いにくくしたとか思えん……。

---追記---
mixi経由でコメントを頂きました。

たぶん仏典がソースの言葉だからでは。漢訳仏典の漢語は日本では伝来当時の音・伝来地域の方言(いわゆる呉音)で記憶されているため、のちに入ってきた漢音とは異なるものも多いです。

たとえば会者定離はクヮイシャテイリじゃなくてエシャヂャウリ、大日如来はタイジツヂョライじゃなくてダイニチニョライと読みますが、こういうのが仲間です。

なるほど。仏教系の言葉だったんですね、老若男女。
しかしソースが何であれ、長い年月を経て発音しやすい形に変化しなかったのは不思議……。昔の人は発音しにくいとは思わなかったのか、それともやっぱり元が仏教の経典だけに、変化させることが良しとされなかったんでしょうかね……?

コメント

私もそうおもいます♪
読みにくいです…

投稿者 Anonymous : 2015年01月25日 14:03

コメント数: 1件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---