にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:13.

アレルギー抑制分子

アレルギー反応は、『炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる』そうです。この化学物質の働きを抑えるのではなく、化学物質を放出させないようにする(半減させる)分子が発見されたそうです。

なんだかすごそうな気が。

<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら(@毎日新聞)

この分子は花粉など抗原の種類に関係なく、アレルギー反応を抑えることも分かり、研究チームは「アラジン1」と命名。
この分子の働きを強めることができれば、さまざまなアレルギーに共通する薬の開発につながる可能性がある。

はやく薬品として実用化の段階に至るといいなあ。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---