にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:01.

Windows7「付箋」データの実体は StickyNotes.snt

Windows7に付属している「付箋」ツールによって保存される付箋データの実体は、下記のフォルダ内にある「StickyNotes.snt」ファイルらしい。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes

ファイルの中身はバイナリ。
付箋をいくつ作成しても、生成されるのはこのファイル1つだけのようだ。ここに、すべての付箋の内容や位置・色が全部格納されているんだろう。

この StickyNotes.snt ファイルをバックアップしておけば、付箋データを誤って消してしまっても復活させられそう。
とりあえず、日々の自動バックアップの対象に含めておいた。

この「付箋」ツール、ヘルプらしきモノが見あたらないんだけど、

  • 入力した文字列を範囲選択した上で [Ctrl]+[U] キーを押すとその範囲に下線が引かれる

とか、多少の装飾機能はあるようだ……。
文字サイズの大小も変えられるけど、行間は詰まってくれないんだな……。

[参考] Windows 7 の 付箋(@パソコンFAQ)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---