にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:44.

音と光の送受信

音は、耳で受信して、口で発信できます。でも、光は目で受信するだけで発信はできません。よく考えると、ちょっと不思議。

蛍とかチョウチンアンコウとか、自ら光を発する「発光動物」を不思議に思っていたこともあったんですが、よく考えるとむしろ光を発せられない方が不思議なのかも知れません。

進化の過程で特に光を自ら発する必要がなかったんでしょうかね……。
まあ、光は簡単に遮られますが、音は多少の遮蔽物があっても伝わりますから、光を発信できるよりは音が発信できる方が役に立つんだろうなとは思いますが。

ちなみに「発光動物」には、体内の物質を使って自ら発光するものと、共生している発光細菌が発光しているものと2種類あるらしいです。

発光動物: 光を発する動物の総称。体内の発光物質を酸化して発光するものと、共生する発光細菌によって発光するものとがある。前者はホタル・ウミホタル・ウミサボテン・ヤコウチュウなど、後者はホタルイカ・マツカサウオなど。
--- 広辞苑

後者の場合は、進化の過程で光る能力を手に入れた……というわけではないんですかね。まあ、進化の過程で「光る細菌との共生を選択した」とは言えるのかも知れませんが。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---