Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2011/12/26. 15:43:17.

筆記体の「z」って「y」と区別できるのか……?(^_^;)

アルファベットの筆記体一覧を見てちょっと驚きました。

アメリカ人「英語の筆記体ってどこで使うの?習ったけど一度も使ったことない」(らばQ)

筆記体の「Z」・「z」ってこんな形だったの!?
初めて知った……。
これ、「y」と区別できるんだろうか?(^_^;)

筆記体の小文字「z」には、下部にヒゲが付いています。筆記体って、「速く書ける」ってことがメリットのハズなのに、ブロック体でzを書いた方が速そうな気が。(^_^;)
ブロック体の「z」だと、左右の文字に埋もれちゃって判別しにくくなるのかな……?

……と思ったところ、「z」は使用頻度が低いからだという指摘を頂きました。

登場頻度が低くて、登場頻度の高い文字と紛らわしいから、区別するためにちょっとヒゲを加えよう、……ということですか。^^;
登場頻度が低いなら、ブロック体より面倒な形にしたとしても、英文全体としては速く書けるわけですね。

アルファベットの登場頻度グラフ:
Frequency analysis(@Wikipedia)

アルファベット26文字のうち、「Z」の使用頻度ってすごく低いんですね。
ここまで使用頻度に差があったとは……。
最も頻度が高いのは「E」。
正確な値は分かりませんが、もしかして「z」の使用頻度は「e」の100分の1くらい?

この日記へのコメントはお気軽に! コメント数:0 トラックバック数:0

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

投稿後、投稿できていないように見えることがあります。ブラウザのキャッシュが読まれているだけですので、ページを再読込すれば(=たいてい[F5]キーを押せば)投稿内容が反映されていることが確認できるはずです。連続投稿を試す前にご確認下さい。(^^;)

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)