にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:05.

FTPサーバを使って複数PCのデータを同期させる方法とか

ローカルHDDの特定のフォルダと、FTPサーバ上の特定のディレクトリとを自動同期させる常駐ツール(Windows用)が窓の杜で紹介されていました。

FTPサーバー上のリモートフォルダとローカルフォルダを自動同期するFTPbox(窓の杜REVIEW)

この種のツールは、自前のサーバを使っての複数PCでのデータ同期用途にも使えますね。単にウェブ更新の目的ではなく。
ウェブの更新って、FTPサーバへ常時アクセスしておく必要があるほど頻繁にすることって少ない気がするので、むしろ(ウェブ以外の目的での)データ同期・バックアップの方が主な活用用途になりそうな気が。^^;

ウェブページとしてアクセスできないディレクトリを同期の対象にしておけば、外から第三者に勝手にアクセスされる危険性もなくせますし。クラウド上でのデータ同期サービスとしては、DropboxやSugarSyncなどの外部サービスもありますが、外部サービスの場合、突然サービスが止まったり、容量に制限があったり、不便な点もありますから、自前のサーバ(レンタルサーバとか)があるなら、それを利用する方が良い気も。

同期ではなくサーバ内を直接覗きに行くツール

ローカルとサーバとをその都度自動同期するのではなく、ローカルPCから(ローカルHDDのように)直接FTPサーバ内のデータを見る方法もあります。データの実体を常にサーバ側にだけ置いておく形です。

FTPサーバーを仮想ドライブとしてマウントできるコマンドラインツール「FtpUse」 (窓の杜REVIEW)

元々、WindowsのエクスプローラにはFTPクライアント機能があるので、アドレス欄に直接 ftp://www.example.com/ のようにアドレスを打てば、ローカルHDDと同様に操作は可能なわけですが。でも、直接FTPサーバに「ドライブ名」を割り振る上記のツールを使えば、FTPサーバをあたかもローカルHDDの1つのように(=Fドライブとか、Sドライブとか、ドライブ名を使って)見せることもできます。

FTPではなくSFTPを使いたいときは

なお、FTPがプロトコルとして(パスワードを平文で流すので)不安な場合は、SFTPサーバーをローカルHDDのように見せるツールもありますので、そっちを使うと良いと思います。

SFTPサーバーを仮想ドライブとしてマウントできるフリーソフト「SFTP Net Drive」(窓の杜REVIEW)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---