にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:07.

ソフト側に音量調節機能がなくても、ソフト単位で音量調節が可能

Windows7の「音量ミキサー」は、スピーカの設定音量と、音を鳴らす(複数の)アプリケーションの設定音量との関係が一目瞭然で、なかなか分かりやすいと思います。
アプリ側に音量調節機能がなかったとしても、アプリ単位での音量調節が可能な点も便利です。

音量ミキサー(Windows 7)

上図で、左端に表示されているのが、スピーカーの音量です。

その右側には、「そのとき起動している『音を出すアプリケーション』」が個別に表示されます。
このキャプチャでは、「システム音」・「DIXiM Digital TV」・「Windows Media Player」の3つだけですが、例えばブラウザ内で起動したFlashビデオだとか、そういうのも(起動すれば)ここに追加表示されます。

ここで、アプリ単位に最大音量を調節できるので、「音の小さいアプリ」の音を良く聞くためだけに、「音を出す他のアプリ」の音量まで同時に上げてしまうことが避けられます。
これ、わりと便利な気がします。

ちなみに、Windows 7の「音量ミキサー」は、タスクトレイに表示されているスピーカーアイコンを右クリックすると開けます。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---