にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:04.

CSSで色名を記述せずに、LESSで色を相対的に指定する方法

CSSで色を直接書かず、変化量で相対的に指定する方法CSSで色を指定する際には、「#ccffcc」や「red」のように、色の値や名称を直接記述するしかありません。「子ボックスの色を親ボックスよりも少し明るくしたい」という場合でも、子ボックスの色は別途直接記述する必要があります。

ところが、CSSメタ言語のLESSを使えば、「親ボックスの色よりも20%明るい色」というのような感じで、相対的に色を指定できます。これなら、親ボックスの色を「A」として、子ボックスは「Aより20%明るい色」、孫ボックスは「Aより40%明るい色」、ただし枠線は「Aより30%暗い色」……のような感じで、ベースの色1つに対して相対的に他の要素の配色を決定できて便利です。

明度(明るさ)だけでなく、彩度(鮮やかさ)・色相(色合い)・透明度も相対的に増減させて指定できます。これは、配色の試行錯誤に激しく便利な機能だと思います。いっそ、(CSSだけでなく)LESSもブラウザがネイティブにサポートしてくれればいいのに……と思ってしまうほど。

そんな、「色を相対的に指定する方法」を解説する記事をAll Aboutで公開しました。

「CSSで色を直接書かず、変化量で相対的に指定する方法」(@All About ホームページ作成)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---