にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:24:19.

リメイク版「トータル・リコール」

リメイク版「トータル・リコール」の世界は、「支配層のブリテン vs 労働層のオーストラリア」という構図になっているんですが、これは、オーストラリアが将来はイギリス連邦から離脱するだろうということを言いたいんですかね?(笑)

「トータル・リコール」は、昔々に製作されたシュワルツェネッガー主演の映画のリメイクという扱いですが、ストーリーは全く異なる話です。悪役の名前とか、リコール社の事業みたいな基本設定は共通していますけども、それ以外は全部違っていると言って良いと思います。火星も出てきませんし。というか、思いっきり地球の話ですし。(^_^;)

舞台は、化学兵器の汚染だか何かが原因で、地球上で住める土地が「ブリテン(イギリス)」と「オーストラリア」しか存在しないという極端な世界です。(笑)
で、ブリテン側には裕福層が優雅に住まい、オーストラリアには下層の労働者がひしめき合って暮らしています。んで、裕福層(ブリテン)による労働層(オーストラリア)の搾取を防ぐべく活動するレジスタンス(だったかな?)が居たりします。うろ覚えですが。

地下深く、地球のコアをぶち抜いて「ブリテン-オーストラリア間」を移動できるシャトルみたいな乗り物があって、労働者は居住地であるオーストラリアからブリテンまで働きに行きます。

そんな世界で、……詳しい話を書くとネタバレになるので避けますが、まあ、ブリテンとオーストラリアが争うような事態になります。
この展開を見て、「将来的にオーストラリアがイギリス連邦から離脱する」ことを言おうとしたのか? と、ちょっと(だけ)思いましたです。^^;
まあ単に、「地球の表側・裏側」の関係になる都合の良い場所が他になかったのかも知れませんけども。(^_^;;;

イギリスとオーストラリアって、地球上で「正」反対ではないものの、だいたい真逆の位置関係にあるんですね。正確には、イギリスから見て正反対(裏側)の場所だと、ニュージーランドよりも少し南東側の海になるっぽいですが。

リメイク版トータル・リコール 公式サイト
シュワルツェネッガー版 トータル・リコール(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---