にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:58.

映画の世界でもやっぱりキャラクターは重要なんですねえ

今冬は、ジェームズ・ボンドの「007」シリーズの新作映画「スカイフォール」が公開されます。1962年に第1作が公開されてから、今年で50年目。ずいぶん長く続いている世界的な人気シリーズであることは間違いありません。
しかーし。
映画の累計興行収入では、「007」シリーズ(59億ドル)よりも「ハリー・ポッター」シリーズ(77億ドル)の方が上なんですね……!
そんなに差があったとは。
以下の日経新聞の記事に出ていました。

「ソニー、007守れるか ハリウッド人気作の争奪激化」(@日本経済新聞)

しかしまあ、007にせよハリー・ポッターにせよ、映画の世界でもやっぱりキャラクターは重要なんですねえ。
キャラクターの知名度が高ければ、当たり外れが少なくて収益を確保しやすいから続編も作りやすいと。
映画会社にとっては、どれだけ人気のあるキャラクターを確保できるか、が重要なんですね。

……って、これ、映画会社に限りませんけども。(^_^;;;
この辺は、映画に限らず小説やマンガでも同様ですし、もちろんドラマでもそうでしょう。

やっぱり、物語で重要なのはキャラクター!

「007」シリーズ(@Amazon.co.jp)
「ハリー・ポッター」シリーズ(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---