にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:56.

スムーズスクロールスクリプトと:target疑似クラスでページ内リンクを分かりやすくする方法

「スムーズスクロールでページ内リンクを分かりやすく」(@All About ホームページ作成)ウェブページにある「ページ内リンク」をクリックすると、たいていは一瞬でリンク先のポイントへ移動します。
すると、どれくらい移動したのかが把握しにくかったり、ページの構成や内容によっては「移動した事実」にすら気付きにくいこともあります。

そこで「ページ内リンク」を作る際にお勧めなのが、以下の2点、

  • スムーズに(アニメーションするように)リンク先アンカーポイントまでスクロールさせる「スムーズスクロール」スクリプトと、
  • リンク先がどこなのかを明示できる(=リンク先アンカーポイントに限定して装飾を変更できる)CSS3の「:target疑似クラス

です。
この2つを使うと、「ページ内リンク」をクリックした際に、ページ内のどこへ移動したのかがとても分かりやすくなります。
そんな「スムーズスクロール」スクリプトと、CSS3の「:target疑似クラス」の使い方を解説した記事をAll Aboutで公開。

『スムーズスクロールでページ内リンクを分かりやすく』(@All About ホームページ作成)

サンプルページもあるので、ぜひ試してみて下さい。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---