にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:55.

ATOK 2013 の「デジタル大辞泉」単品購入は……

ATOK 2013 予約リーフレット今年もJUSTSYSTEMから、ATOKの新バージョンの案内が届きました。
ATOK 2013では、Windows 8に対応して、タブレットでのタッチ入力にも対応したようです。もっとも、私は昨年にATOK 2012を導入しましたし、Windows 8は未導入なので、今回のバージョンアップは見送るつもりですが。^^;

ただ、今回は、漢字変換中に意味を表示できる電子辞書に、小学館の「デジタル大辞泉」が増えるようです。

現在、私がATOK用に使っている電子辞書は、

です。
結構たくさん入れちゃっていますが、特に動作は重たくはなっていません。

複数の国語辞典で意味を調べられるのには、それなりにメリットもあるので、小学館の「デジタル大辞泉」も私のATOKに追加したいと思っています。

がー。

小学館「デジタル大辞泉 for ATOK」(@リーフレット)「デジタル大辞泉」の単品販売はないんでしょうか……?
少なくとも、JUSTSYSTEMから届いた予約製品リストには(ATOK 2013の各種セットだけで)「デジタル大辞泉」の単品販売はありませんでした。JUSTSYSTEM社サイト上でも探してはみましたけども、発見できませんでした。

ラインナップには、(「デジタル大辞泉」がパッケージ内に含まれる)「ATOK 2013 プレミアム」や「ATOK 2013 オールインパック」があるのみです。辞書が欲しければ本体も買えってことでしょうか。(^_^;;;
まだ予約段階だから、単品販売がないってことなのかな……?
それならまあ、2月まで待てばラインナップに入るのでしょうけども。どうなのかな?^^;

MS-IMEでもなく、GoogleなどのフリーのIMEでもなく、ATOKを利用する最大のメリットが、この漢字変換中に意味を調べられる電子辞書機能だと思うので、「辞書だけは売らないよ?」と言っても(困るけど)不思議ではない気もしたり……。(^_^;;;
ただ、それだと、既に各種辞書を持っている既存ユーザは、同じ辞書が重複しちゃうことになってあまりにも不親切ですから、さすがにそれはないかな……。^^;

まあそうでないとしても、「ATOK 2013以降が必須」という動作条件というのはあるかも知れませんが。^^; 今インストールしてある各種電子辞書も、たしか「ATOK 2007以降が必須」だったような気もしますし。
さて、どうなのかな?^^;

ATOK 2013 各パッケージ(@Amazon.co.jp)
「デジタル大辞泉」での検索結果(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---