にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:55.

「本屋の森のあかり」完結したー

2007年に第1巻が発売された「本屋の森のあかり」がとうとう完結しました。先月発売された第12巻が最終巻でした。
うおーう、とうとう終わったか。(^_^;;;
収まるところに収まって良かった。^^;

「本屋の森のあかり」(磯谷友紀)第1巻~第12巻(最終巻)

上記写真は、第1巻から最後の第12巻までを並べたところ。
途中で、講談社(KC Kissだけ?)の装丁が変わったので、本棚に並べると背表紙のタイトルや巻数がずれます。まあ、よくあることですけども。(^_^;;;
表紙のレイアウトに変化はないんですけどね。

この話の存在を知ったのがそこそこ遅かったので、第5巻まではオビがありません。
オビがあることが前提のデザインならオビはあった方が良いと思うのですけども、この本の場合は、(少なくとも第2巻以降は)オビはないことが前提のデザインみたいです。
上記の写真では、第1巻と第12巻しかないので分かりにくいですが、第2巻以降は、わりと表紙の下端まで大きく使って絵が描かれています。第3巻第7巻第11巻とか。

ところでこれ、第1巻のオビをAmazonで見ると、久世番子さんのすげえオビが掛かってて面白いんですが。このオビ欲しいなあ。(笑)

「本屋の森のあかり」第1巻 久世番子さんのオビ付き

第6巻の奥付を見ると2009年12月発売とあるので、知ったのはその辺かな。だいたい3年くらい前ですかね。
いやあまあ、しっかり収まって終わって良かった。(^_^;)
「しっかり」と言っていいのかどうかはよく分かりませんけども、まあでも、この話ならこういう終わり方かな、と思える感じで、ちゃんと収まるところに収まっている感じです。^^;

「本屋の森のあかり」磯谷友紀(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---