にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:47.

ファミ通文庫のオビが(広げたら)特大だった

先月末に発売されたファミ通文庫の新刊を見ると、オビの部分がなにやらちょっと変わっていました。
なんとなく分厚くて、紙の下の方を除いて二重になっています。
よく見ると、端には「めくってチェック!」と書いてありました。

ファミ通文庫:アリストクライシ(帯)

圧着葉書みたいな仕様なのか……? と思ったんですが、どうもそうではなさげです。ぴったりくっついているわけではなく、ただ折ってあるだけのようです。
でも、そのままではめくれなかったので、一度、オビを取り外そうとしてみました。
……すると、裏面にもカラーで印刷が。
姫路さんが出てきました。^^;

ファミ通文庫の帯をめくるとカラーの姫路さんが……

どうやら、オビの裏面にも何か印刷があるようです。
んで、オビを全部取ってから広げてみたら……、

ファミ通文庫の帯を取り外して広げたところ(「ファミ通文庫15周年 12ヶ月連続☆超感謝祭」の案内)

でけえ!(爆)
オビを広げるとこんなにでっかい紙でした。(^_^;)
上記写真の下半分(の上端)にちょっとだけ写っている文庫本のサイズと比較して下さい。^^;

ここまで大きな紙を折りたたんでオビにしたことって、過去の文庫であったんでしょうか?
少なくとも私はこれが初見な気がします。^^;

なんで、文庫に挟み込む情報紙の形とかにしなかったんですかね?^^;
もしかして、このオビには「キャンペーンの応募券」が付いているから、店頭でそれだけを抜き取られないための対策とか?(オビを店頭で取り外すのは、挟み込まれている紙を抜き取るよりは困難ですからねえ。^^;)

というわけで、大きな紙を折りたたんでオビにしていたのが珍しかった、という話でした。

(追記) 2年前からあったらしい(^_^;)

どうやら折り畳んだでかい紙をオビにするのは、2年くらい前からあったそうです。
書きの小学館のは日付が2011年でした。^^;

折ったオビは、小学館のフェア(西炯子フェア、ブレイクスリーフェアなど)でもすでにありました。わりとはやりです。http://comshoblog.shogakukan.co.jp/shocomi/2011/01/post-cf37.html 投げ込みにしなかったのは、目新しいことと、オビは機械で巻くのに対して投げ込みチラシは手作業で人件費がかかるせいがあると思います

というコメントを頂きました。
本に挟んである紙って、手作業だったんですね……。てっきり、機械的にできるのかと思っていました。^^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---