にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:42.

FacebookとかのSNSに自サイトのURLが書かれたときに望みのサムネイル画像を表示させる「OGP」

SNSでの言及時に望みの情報や画像を出すOGPの記述方法FacebookやGoogle+などのSNSでは、投稿欄にURLを書くと、そのページの概要文やサムネイル画像が自動的に読み込まれて表示されます。これらの情報は、適当にそのページから文章や画像を抜き出して表示してくれるんですが、「OGP(Open Graph Protocol)」という記述をHTMLに含めておけば、ウェブ製作者側が指定しておくこともできます。

そんなOGPの書き方を解説した記事を、All Aboutで公開しました。

SNSでの言及時に望みの情報や画像を出すOGPの記述方法(@All About ホームページ作成)

OGPを使って望みの画像や概要文を用意しておく方が、SNSで言及された際にも「分かりやすい紹介文」やサムネイル画像が表示できるので、望ましいでしょう。特に、サムネイル画像は、(OGPを記述していないと)何も表示されないこともありますから。

OGPは、特殊な記述では全然なく、ただmeta要素を使って簡単に記述できます。お勧めです。
……とか言いつつ、うちのサイトではまだ使ってないんですけども。(^_^;)
(All About自身では、活用されています。^^;)
ぜひ試してみて下さい。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---