にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:39.

狭いウインドウで閲覧されたときには、表を行単位で分解表示

幅が狭い画面では表を展開! stacktable.jsの使い方ウェブ上に「横長の表(テーブル)」を掲載しているとき、閲覧者の画面(ウインドウ)の幅が狭いと、列幅が極端に狭くなって読みにくくなりますよね。表によっては、画面の右端を越えて横スクロールしないと見えない形になることもあります。
どちらにしても、読みにくいことに違いはありません。

そんなときに便利なのが、狭い画面でも表を見やすく自動展開(分解)してくれる「stacktable.js」スクリプトです。
このスクリプトを使うと、指定サイズよりも狭い画面で閲覧された場合には、表を「行単位」で自動的に分解してくれるため、表の読みやすさが確保されます。

この「stacktable.js」スクリプトの活用方法を解説した記事を、All Aboutで公開しました。

◆「幅が狭い画面では表を展開! stacktable.jsの使い方」(@ホームページ作成)

動作サンプルも掲載してあります。(実際にブラウザで表示してウインドウ幅を変化させると、表が自動的に分解されます。)

単一のHTMLで、様々な画面サイズに対応する「レスポンシブWebデザイン」を採用したページに活用すると、特に便利かも知れません。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---