にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:23:47.

地球上の氷が全部溶けたら、どれだけの陸地が海に沈むか

NATIONAL GEOGRAPHIC 2013年9月号NATIONAL GEOGRAPHIC 今月号の特集は「沈む地球」。
付録のポスター(?)は、もし地球上の氷が全部溶けたら、どれだけの陸地が海に沈むかを表した地図でした。海面が66mも上昇するのか……。

こうして見ると、海の近くにある大きな都市って結構あるんですねえ。やっぱり、物流に海は欠かせないから、発展するとしたら海のそばなんでしょうか。
いやまあ、内陸の都市もたくさんあるでしょうけども。(そもそも海に面してない国もありますし。^^;)

この地図によると、イギリス(ロンドン)からデンマーク(コペンハーゲン)あたりの沈み具合がすごいです。
海面上昇@ヨーロッパ
そういえば、この辺は、氷河期には陸地がもっと広かった地域ですよね。(以前、NATIONAL GEOGRAPHICで氷河期の特集があったときに、どれくらい広い範囲が陸地だったかを示す地図がありました。^^;)
氷河期~温暖化でこれだけの変化があるということは、このあたりは、「海は浅く」・「陸は低い」地域ということなのかな……?

海面上昇@アジアちなみに、東京も沈んでます。^^;
よく見ると、大阪も沈んでいる気が。
でも、国土を全体的に見ると、それほどたくさん沈むわけではない気も。山が多い国土だからでしょうね。まあ、そうはいっても、東京の住人だけで人口の1割が居るわけですから、そこが沈んだら大変ですけども。^^;;;

それよりも中国の沈み具合がすごいのが意外です。
ものすっごく内陸まで沈んでるということは、この辺には高い山は存在しなくて、広大な平野がずっと続いているような土地なんですかね……?

なかなか興味深い地図でした。

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 09月号(@Amazon.co.jp)

コメント

都市が海に沈んだ世界と言うことで、まず「未来少年コナン」が頭に浮かんだのですが、昔過ぎてストーリーを良く覚えていなかったり…。最近で私の印象深いもの…となると“空想科学組立少女AVG”の「木洩れ陽のノスタルジーカ[Raggio di sole nostalgico]」が扱っていましたね。こちらは一応、地球全体の温暖化によって海面上昇があったという設定ですが、物語は水没した旧都と新東京都が主な舞台として進行するので、地球規模な感じはあまりしませんでした。ギャルゲー=購入時年齢確認対象商品なんで誰にでもお薦めは出来ないのが残念。

投稿者 shirusu : 2013年09月05日 06:24

shirusuさん、どうもです。

温暖化による海面上昇と言っていたかどうかは忘れましたが、コミック「地球の放課後」を思い出しました。
ネオ・ヴェネツィアみたいな都市は魅力的ではありますが、海面の高さは一定でないと困りますね……。^^;

投稿者 にしし : 2013年09月07日 00:21

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---