にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:23:47.

MicrosoftがNOKIAの携帯電話事業を買収! でも、Windows Phoneの市場シェアは 3.7% だけど

MicrosoftがフィンランドのNOKIA(ノキア)から携帯電話事業を約7,140億円で買収というニュースが入ってきて驚きました。Microsoftは、とうとう携帯電話端末の開発・販売も自社でするのかと。あと、NOKIA側がよく携帯端末事業を売却したな……という点でも驚きましたけども。(後に何が残るんだろう?^^;)

Windows Phoneの市場シェアって、IDCのデータによると、わずか3.7%ですからね……。スマートフォン市場シェアの推移グラフを見ると、Androidは伸びていますが、Windows Phoneは底の方で微増しているに過ぎません。
ここから追い上げるには、何か「Windows Phoneでしかできない」というような相当に大きなアドバンテージが必須だと思うんですが……。(それを創り出すためにも、ハードウェアを含めた自社設計が必要だと考えたということですかね?)

先のIDCのデータによると、市場のWindows Phone端末は、その81.6%がNOKIA製なんですね。^^;(次点は11.5%でSamsung製)
そんな、ほぼNOKIAの寡占状態と言ってもよい状況なら、Microsoftとしてはもう、ここを直接買い取って、すべての設計と販売を自分たちでやろうってことなんでしょうか。

NOKIAって、元々携帯電話の市場シェアでは世界一だった会社ですよね。
でも、(私は知らなかったんですが)スマートフォン事業では赤字だったんですね……。ウォール・ストリート・ジャーナルの記事に書いてあって知りました。(OSの選択を間違えたから……?^^;;;)

ソフトウェアの設計と同時に、それを搭載するハードウェアの設計も自分たちでコントロールできるってのは、Appleの強みでしたからねえ。Microsoftもそうしたいと考えるのは分かります。タブレット「Surface」を出した理由もそこなんでしょうし。
ただ、MicrosoftのPC用OSがここまで広がったのは、ハードウェアに関係なく他社や個人に販売してきたから、というのも大きいと思いますけども。

とはいえ、携帯端末の場合、既に無料で広く利用されているAndroid OSがありますからね。他社が使うとしたら(費用面で)そっちになるでしょうから、それならもうWindows Phoneは自前でハードウェアも用意しちゃって「完成度(魅力?)を高める」方向で勝負しようということでしょうか。

Windows Phone OS じゃなくて、せめて Windows RT がスマートフォンOSとして動作するんなら、まだ普及する可能性もなくはないと思うんですけども。それなら、Windows 8(のMetro部分)と同じアプリがスマートフォンでも動くわけで、そこそこのアドバンテージになりそうな気も。
やっぱり、OSが要求するハードウェアスペックが違いすぎるのかな……。

マイクロソフト、ノキアのデバイス・サービス部門を買収(TechCrunch Japan)
マイクロソフトに事業売却したノキア、今後の戦略は(ウォール・ストリート・ジャーナル)
びっくり! マイクロソフトがノキアの携帯電話事業を買収!(GIZMODO)
Microsoft、Nokiaの携帯端末事業を買収(ITMedia)
米Microsoft、Nokiaの端末事業を買収(Internet Watch)

……ところで、TwitterのTLでも話題になっていましたけど、NOKIAって、携帯電話事業を売却したら、あとは何が残るんでしょうか?(^_^;;;

なんとなく、携帯電話端末専門の会社のような感じに思っていたんですが、元々は製紙パルプ会社だったんですね。そこから電気通信機器の製造にも手を出したと。
Wikipediaを見ると、「事業内容」項目には、『携帯電話の施設、端末の販売』としか書かれていないんですが。(^_^;) 実際にノキアのウェブサイトを見てみても、携帯端末しか前面に出ていませんし。
この端末事業を売却したら、本当に何が残るんだろう?(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---