にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:38.

「俺の教室にハルヒはいない」

「俺の教室にハルヒはいない」(角川スニーカー文庫)そういえば、新井輝さんのお書きになられた小説は久しぶりの気が。
内容は、ハルヒを読んでいなくても特に問題はありません。(^_^;)

p.159に、「水樹奈々は元々演歌の人だった」という発言があるんですけども、そうだったのか……。知りませんでした。
詳しい人に教えてもらったところ、13歳の時に演歌のカセットテープを出していたのだとか。

角川スニーカー文庫の背表紙が先月からリニューアルされました。
ぱっと見たとき、「ファミ通文庫」に合わせたのかな? と思いました。(^_^;;;
実際にファミ通文庫と並べてみると、さらにそんな気がします。^^;

角川スニーカー文庫とファミ通文庫の背表紙

タイトルを囲む枠の「角丸」具合とか。まあ、スニーカー文庫の方が若干「角丸」の半径は小さいのかなとも思いますが。
ロゴの位置とか、著者名のフォントとか、細かな違いはありますけども。
でも、配置が似ているので、背表紙を並べたときに、フィット感がある気がします。(笑)
スニーカー文庫の公式サイトによると、色は17色あるらしいです。どれも文字色は黒なので、ファミ通文庫(濃い青色に白文字)と被ることはないようですが。

角川スニーカー文庫・富士見ファンタジア文庫は25周年で、ファミ通文庫は15周年。電撃文庫は20周年。
角川グループで、うまい具合に5年周期で揃ってますね……。^^;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---