にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:31.

Microsoftが、Windows XP~8.1までの仮想マシンイメージを公開しています

仮想環境で IE6~10など古いバージョンのIEを使う方法OSをまるごと配布しちゃうとは、なかなか太っ腹だなーと思ったのでした。
Microsoftが運営している、ブラウザ互換性検証サイト「modern.IE」では、「古いバージョンのInternet Explorerでの表示確認」という用途のために、「古いIEがインストールされている状態のWindows」が(仮想マシンイメージの形で)丸ごと公開されとります。

例えば、

  • IE6 がインストールされた Windows XP
  • IE7 がインストールされた Windows Vista
  • IE8 がインストールされた Windows 7
  • IE10 がインストールされた Windows 8
  • IE11(最新版)がインストールされた Windows 8.1

……などがダウンロードできます。

RAR形式で圧縮して配布されていますが、さすがにOS丸ごとなので、どれも3~5GB程度ある重量級のファイル群になっています。(^_^;)
最新版のIE11まで公開されている理由は、「MacやLinuxなど、Windows以外のOSでもIEの表示確認をする」という目的(用途)もあるからでしょうね。

どれも仮想マシンイメージの形で公開されているんですが、対応している仮想環境プラットフォームは、Microsoftが配っている「Virtual PC」や「Hyper-V」以外にも、「Virtual Box」や「VM Ware」などもあります。
なので、MacやLinux上でも動かせるわけです。

※使用期限があるので、同じ仮想マシンをずっと使い続けることはできません。でも、オリジナルの圧縮ファイルから仮想マシンイメージを再度取り出せば、何度でも使えます。(その場合、環境設定などは維持できませんが、そもそもの用途は「IEの表示確認」なので特に問題はありません。)
※ちなみに、ここで公開されているWindowsはすべて英語版です。

IEは、同一環境上で複数バージョンの共存ができませんから、古いバージョンのIEを使った表示確認は、なかなか苦労するんですよね。
でも、これらの仮想マシンイメージを使えば、古いバージョンのIEでの表示確認も楽々です。
※まあ、操作は楽々ですが、仮想環境上でWindowsを動かせるだけのマシンスペックは必要ですけども。(^_^;)

そんな、太っ腹なMicrosoftの配布する仮想マシンイメージを活用して、各バージョンのIEで表示確認を行うための方法を、All Aboutで解説しました。

↓  ↓  ↓

■『仮想環境で IE6~10など古いバージョンのIEを使う方法』(@All About ホームページ作成)

ダウンロード方法からセットアップ、実際にIEを起動してみるところまでを、豊富な画面イメージ付きで紹介しています。仮想環境上で「古いIEそのもの」を実際に動作させられるわけですから、JavaScript等を活用した「動的に内容が変化するウェブページ」でも、確実に表示確認ができます。
ご興味がおありでしたら、ぜひ記事を覗いてみて下さいー。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---