にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:19.

閲覧環境に合わせて、適切な解像度の画像を表示させる方法

解像度の高い画面にだけ高解像度の画像を表示する方法HTML5では新しく「srcset」という属性が追加されています。
このsrcset属性を使うと、画像を表示する「img要素」1つに対して、(解像度の異なる)複数の画像を表示候補として指定できます。
このsrcset属性に複数の「画像ファイルとそれを表示する条件」を列挙しておくことによって、閲覧環境に適した解像度の画像を自動選択して表示できるようになります。

様々な大きさの閲覧環境に対応できるようにしようと思うと、どうしても「小さい画面に対して必要以上の大きな画像を読み込ませる」か、「大きな画面に対して小さな画像が拡大表示されてぼやけて見える」か、どちらかになりがちです。
しかし、srcset属性を使って、解像度別に複数の画像を用意しておけば、「小さい画面には小さな画像」・「大きい画面には大きな画像」を掲載できるようになるため、無駄もボケも出にくくなります。(あらゆるサイズの画像を事前に用意しておくことは現実的ではないので、無駄もボケもゼロにはなりませんが。)

srcset属性は、Retinaディスプレイなどの高精細ディスプレイでの倍率(高精細さ)も考慮して選択されるので、

  • Retinaディスプレイなどの高精細ディスプレイで閲覧された場合にだけ高解像度の画像を表示させたり、
  • ブラウザの(ウインドウの)横幅に適したサイズの画像を選択して表示させたり

……する方法として活用できます。
そんな、srcset属性の解説記事をAll Aboutで公開しました。

→「解像度の高い画面にだけ高解像度の画像を表示する方法」(@All About ホームページ作成)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---