にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:21.

ツイートの閲覧反応状況が分かる「Twitterアナリティクス」

ツイートの閲覧回数やツイートがクリックされた回数などが分かる「Twitterアナリティクス」が一般ユーザにも開放されて、いつの間にか1ヶ月以上が経っていました。
たしか、一般ユーザでも閲覧可能になったのは、8月下旬あたりだったような気がします。
データの蓄積が、一般開放後からだったので、当初はグラフが空っぽでしたけども、今では過去28日間のデータ(グラフ)がフルに閲覧できるようになっています。
なかなか面白いですね。

Twitterアナリティクスの表示方法

Twitter本家サイトのツールバーで歯車アイコンをクリックTwitter本家サイトからTwitterアナリティクスへ移動するには、まず、ツールバーの右端の方にある歯車アイコン(なんとなく太陽っぽいアイコンですが^^;)をクリックしてサブメニューを出します。(右図)
すると、『Twitter広告』という項目があるので、それをクリックします。
「Twitterアナリティクス」は、元々Twitter上の広告効果を解析するツールとして提供されていたので、こういう場所にあるのですね。(たぶん)

Twitterアナリティクスすると、Twitter広告サイト(ads.twitter.com)に飛びます。
ここで、「1回限りのアカウント設定」なる画面が出てきますが、これは無視して問題ありません。(設定しても良いでしょうが)

この画面で新たに表示されるツールバー(Twitter本家サイトのツールバーとは異なる構成)を見ると、左側に「アナリティクス」という項目が見えます。
それをクリックして表示されるサブメニューから、「ツイートアクティビティ」をクリックします。
すると、過去28日間のツイート閲覧・反応状況を示すアナリティクス(解析)が表示されます。(右図)

各ツイートの詳細情報も閲覧できる

標準では、ツイートが時系列に並んでいて、インプレッション数(表示回数)とエンゲージメント数(反応回数)が表示されています。
が、ここで、各ツイートをクリックしてみると、インプレッション数だけじゃなくて、エンゲージメント数の詳細が分かります。お気に入りへの登録数やリツイート数が分かるのはもちろん、ツイートの「詳細」が押された回数や、プロフィール(名前)欄のクリック回数まで分かるんですねえ。(下図)

Twitterアナリティクスで閲覧した各ツイートの詳細(インプレッション数やエンゲージメント数の詳細)

プロフィールをわざわざクリックするのは、きっと、

  • (フォロー外の人が)ツイート主がどんな人物なのか、他にどんなツイートをしているのか、を参照しようとした
  • (フォロー中の人が)ツイート主の他のツイートを一括して読もうと思った

のかの、どちらかですよね。
各種エンゲージメント数の詳細が分かるのがなかなか面白いです。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---