にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:11.

レスポンシブ・ウェブデザイン採用時にCSS記述を楽にするモバイルファースト

モバイルファーストでデザインする際のCSSの書き方レスポンシブ・ウェブデザインを採用してウェブページを作成する際には、複数の画面サイズ向けにCSSを記述することになります。そのとき、重複する記述を極力なくすように記述できれば、管理や更新作業が楽になります。もちろん、CSSサイズも小さくなるため読み込みも早くなります。

そんな、レスポンシブ・ウェブデザイン採用時に重複記述を減らせる方法として、「モバイルファースト」なCSSの設計がお勧めです。レイアウト(デザイン)がシンプルなモバイル版デザインを「共通スタイル」として記述しておき、そこに追加する形で、大きな画面用のデザインを記述する方法です。

そんな「モバイルファースト」のCSSソースの書き方を、All Aboutで解説しました。

モバイルファーストでデザインする際のCSSの書き方(@All About ホームページ作成)

外部のフレームワーク等は使わずに、自力で1から全てを記述する場合の書き方を解説しています。
ぜひ、覗いてみて下さい!

※ここでは、特にモバイル端末の特長を活かした作り方や、モバイル端末での使いやすさに関しては扱っていません。あくまでも、「モバイル版もPC版も単一のHTML・CSSで作ると記述も管理が楽だから、レイアウトが単純なモバイル版を先に設計して、そこに諸々を付け足していく形でPC版デザインを書くと楽でいいよね!」という「CSSの書き方」を紹介しています。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---