にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/06/29. 23:44:23.

レスポンシブWebデザインでのブレイクポイントの決定方法

レスポンシブCSSで使うブレイクポイントの決め方レスポンシブWebデザインを採用してCSSを記述するとき、まずは「ブレイクポイント(=デザインを分ける境界点)をどこに設定するか?」を決める必要があります。でも、閲覧者の画面サイズ(ブラウザのウインドウサイズ)なんて千差万別なわけで、「ここをブレイクポイントにすれば良い」という唯一の解なんてありません。
そうは言っても、どこかをブレイクポイントにするしかないわけで、「どうやってブレイクポイントを決めれば良いか」を考える必要があります。

そこで、ブレイクポイントの決め方を解説した記事をAll Aboutで公開しました。

レスポンシブCSSで使うブレイクポイントの決め方(@All About ホームページ作成)

この記事では、「代表的なモバイル端末の画面幅」と「最近の画面(ディスプレイ)解像度シェア」の2点を参考にして、ブレイクポイントを決定する方法を解説しています。

最近のタブレットには大型な製品も出ているので、小型のノートPCとタブレットを区別するのはちょっと難しい気がします。……となると、「横幅何px以下をモバイル端末」だと解釈して、「横幅何px以上をPC環境」だと解釈するかという点に結構迷ってしまうのですよね。

そんなブレイクポイント選定の1つの解決策として、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---