にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/12/26. 14:27:29.

HTMLソースの記述順に関係なく掲載順序を指定できるCSS3「flexbox」を解説

HTMLの記述順に関係なく自由に表示順を変更できるCSSCSSを使うと(段組構造を作る際などで)ある程度はブロックごとの表示順を自由に指定できますが、それでも限界がありますよね。レスポンシブなデザインを作成する際には特に、「HTMLソースに記述した順序」と「実際に表示したい順序」が一致しなくなるケースがあります。

そんな場合に便利なのが、CSS3の「Flexible Box」(flexbox/フレキシブルボックス)です。
これを使えば、HTMLソース内の記述順に影響されずに、かなり柔軟に表示順を指定できます。
Flexible Boxの記述方法の基礎と、実際に使えそうなレイアウト例2つを使って解説してみました。

HTMLの記述順に関係なく自由に表示順を変更できるCSS(@All About ホームページ作成)

flexboxの自由さは、なかなか感動します。
連続する複数のブロックに対して、1つ1つ表示順を指定できるわけですから、もう本当に好きな順番に掲載できます。指定方法も、orderプロパティを使って「order: 1」、「order: 2」……のように指定するだけです。ちょう簡単!

これが使えれば、「PC用レイアウト」をベースにして作成されたデザインをモバイル対応する際に、「モバイルではこの順序で表示されると困るから、仕方なくボタンタップで表示・非表示を切り替えるように……」みたいなアクロバットな解決策を採る必要が(たぶん)なくなります。少なくとも減るとは思います。^^;

ぜひ、試してみて下さい。CSS3のFlexible Box。
便利です!

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---