にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/02/29. 16:38:09.

Windows10のスタートメニューは面積を縦横に大きく広げてアプリを一望できるようにすると便利

Windows10のスタートメニューは、左側に小さいメニュー群が、右側にタイルが表示されています。

  • 左側の表示は、(Windows7までのような)ソフトウェア一覧とか各種機能を起動できる項目群。
  • 右側の表示は、(Windows8のような)ソフトウェア起動用のタイル画面っぽい項目群。

この右側のタイル部分は、標準の表示面積ではタイルがほんの少しの数しか見えず、縦方向にスクロールする必要があります。しかし、このタイルを表示するスタートメニュー自体の面積は、マウス操作で広げることができます。
下図は、スタートメニューの面積を広げる前と広げた後のキャプチャ画像です。(画面が横長なのでタスクバーを左端に縦置きしています。)

Windows10のスタートメニュー(タイル表示面積最小) Windows10のスタートメニュー(タイル表示面積を広くしたところ)

2枚目の画像のように、スタートメニューの表示面積は(縦方向も横方向も)自由に広げられます。
操作方法は、スタートメニューを表示している状態で、メニューの縁をドラッグするだけです。
縦方向には1px単位で自由に広さを調節できますが、横方向には「タイル3つ分」単位でしか広がりません。なので、ほんのちょっとドラッグしただけでは全然広がりません。そのせいで「スタートメニューは横方向には広げられないのだ」と思ってしまいがちな気もしますが、思いっきり(=タイル3つ分以上の面積を超えるほど)右方向にドラッグすれば、(画面の横幅が許す限りは)広がってくれます。上図の2枚目の画像は、タイル部分を3倍に広げてみた状態のスタートメニューです。

Windows10ではスタートメニュー(のタイル部分)を広げて使うと、アプリを一望できて便利

このようにスタートメニューを縦横方向に限界まで大きく広げておくと、アプリを一望できて便利です。
これって要するに、「Windows XP時代のスタートメニュー」にあったメリットに似ているんですよね。
インストールされているすべてのソフトウェアを一覧で見る機能がスタートメニューにはあります。Windows10では「すべてのアプリ」・Windows7までは「すべてのプログラム」という名称ですが、これらは以下のような表示形態になっていました。

  • Windows Vista以降では、ソフトウェア名が縦1列だけに並ぶので、数が多い場合は下方向にスクロールして探さないといけない仕様でした。
  • Windows XPでは横方向にずらーっと項目が広がって並ぶので、画面が広ければソフトウェア名を一望できました。

Windows10では、あのXP時代のスタートメニューっぽいことが、タイルを使って実現できると言えます。
しかも、自分の好きな順序・グループ分けで配置できる上、何を表示して何を表示しないかを選択することもでき、タイルの大きさも(選択肢が限られているとはいえ)自分で設定可能です。
こう考えると、この「スタートメニュー内のタイル表示」機能はなかなか便利だと思えます。

Windows10でも(インストールされているソフトウェアを一覧で表示する)「すべてのアプリ」項目は、縦1列にしか表示されないため、下方向にスクロールして探すしかありません。表示順序のカスタマイズの自由度もなく、若干不便にも思えます。が、その代わりにタイル表示部分を縦横に広げられますし、タイルの表示位置も自由にカスタマイズできるようになっています。

要するに「すべてのアプリ」一覧機能は、もう補助的な機能だと考えてしまえば良いわけです。(^_^;)
スタートメニューの主要機能は、「自分で好きなように配置をカスタマイズしたタイル(スタート画面)部分にある」と言えるのではないでしょうか。^^;

Windows10をインストールして、各種ソフトウェアをインストールしたら、まず最初に「スタートメニュー右側のタイル領域を縦横に限界まで広げて、タイルの並び順を自由にカスタマイズすること」ですね。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---