にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/01/27. 13:12:08.

Windows10に付属のTwitterアプリの背後機能が便利

Windows10のTwitterアプリWindows10には標準でTwitterアプリが付属しています。
モバイルOSではiOSもAndroidもOSが標準でTwitterをサポートしているので、Windowsでもそうしたのでしょうね。
このWindows10のTwitterアプリは、(インターフェイスが気に入るかどうかはともかくとして)Twitterを使っているのなら、とりあえず一度起動して自分のTwitterアカウントでログインだけはしておくと便利です。
なぜなら、このTwitterアプリはバックグラウンドで動いて、自分宛のツイートに関する情報をモバイル端末のように教えてくれるからです。(PCを再起動した後でも特にログインし直す必要はありません。)

例えば下図は、Twitterでメンションを受け取った際のWindows10の画面です。
画面の右端の下に、「Mentioned by @nishishi」のような形式で発言者のユーザ名と、ツイート内容の冒頭が表示されています。ほんの数秒で消えますが。メンション(リプライ)が来たのか、リツイートされたのか、DMが来たのかなどがその都度分かります。

Twitterでメンションを受け取った際のWindows10での表示

また、上記のようにして受け取った各種メッセージは、Windows10のアクションセンターでも一覧を見ることができます。
下図は、Windows10のアクションセンターを表示したところです。(※アクションセンターは、タスクトレイ内にある吹き出しみたいなアイコンを押すか、または[Windows]+[A]キーを押すと表示されます。)
アクションセンター内の「Twitter」欄に、過去のメンションやらリツイートやらの一覧が表示されていることが分かります。

アクションセンター内では過去のTwitterからの通知が一覧で見える

この機能は、なかなか地味に便利だと思います。
モバイル端末だと当たり前にある機能ですが、それがWindows10上でも手に入るわけですから。

これでTwitterの情報を得た後は、自分の好きな方法でTwitterにアクセスして反応すれば良いでしょう。私は(このTwitterアプリ自体のインターフェイスは気に入ってはいないので^^;)このアプリは使わずに、ブラウザでTwitter公式サイトにアクセスする方法で利用しています。(iOSやAndroidからは公式アプリを使っていますが。)
なかなか便利です。

もっとも、仕事中にうっかりTwitterに入り浸ってしまうのを避けるために、あえて使わないという選択も良さそうではありますが。(^_^;;; ただ、「気になるのでついついブラウザを起動してTwitterにアクセスしてしまう」という場合には、このアプリを使う方が、「何も通知されないということは、何も反応されていないのだ」と分かるので、無駄にアクセスしてしまうことを防げて良い、という考え方もできそうです。(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---