にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/07/05. 11:25:03.

英数字の羅列やURLのせいで横スクロールが必要になった際の対処として強制的に折り返すCSSの書き方

長いURLや英単語の途中でも自動改行させるCSS長いURLをそのままウェブ上に掲載したら段組(マルチカラムレイアウト)が崩れた……というケースや、画面幅の狭いモバイル端末でページを表示させたら長い英数字の羅列のせいで横スクロールが必要になっちゃった……というケースは多々あります。
特にURLに関しては、比較的画面幅のあるPCでなら何ら問題にならない長さであっても、画面幅の狭いモバイル端末だと簡単に画面端に達してしまい、自動改行されることなく横方向に伸ばされて、横スクロールが必要になってしまいがちです。

そのような横スクロールを防ぐための対処方法として、長い英数字の羅列だろうがURLだろうが途中でぶった切って自動改行する(=自動で折り返す)CSSがあります。具体的にはword-wrapプロパティを使えば良いんですが、ここでちょっと困る点が2つあります。

  • まず、同種のプロパティ名には、overflow-wrapやword-breakがあり、合計3種類ある点。
  • 次に、word-wrapを使っても折り返しが有効にならないように見える状況がある点。

これらについてを、All Aboutで解説してみました。

長いURLや英単語の途中でも自動改行させるCSS(@All About ホームページ作成)

禁則処理のせいでレイアウトが崩れてしまう際の対処方法として、overflow-wrap(word-wrap)プロパティを活用する方法を解説しています。また、名称や役割が似ているword-breakプロパティを使ってしまうと、ちょっと困った問題が起きることがあるため、それらの違いも解説しています。
最後に、word-wrapが無効になっているように見える(=自動折り返しの効果が現れない)場合がある点の理由と、その対処方法も紹介しています。

ぜひ覗いてみて下さい。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---