にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/10/06. 13:39:27.

ラジオボタンを応用して、HTML+CSSだけでアコーディオンメニューUIを作る方法

スマホ対応も!アコーディオンメニューの簡単な作り方input要素で作るラジオボタンの動作を応用すれば、アコーディオンメニューの動作がスクリプトなしで実現できる……などというアクロバットな裏技を最初に発見した人って誰なんでしょうかね?(^_^;)
画期的なアイデアだと思うんですが。(^_^;) よく気付いたもんです。

HTML側でラジオボタン(またはチェックボックス)とラベルを用意しておき、それをCSSで装飾することで、スクリプトを一切使うことなくアコーディオンメニューができあがります。アニメーション効果もCSSだけで実現できます。
最初にこの方法を知ったときには、「うまく考えたなあ!」といたく感心しました。

アコーディオンメニューUIの作成方法を解説

というわけで、ラジオボタンやチェックボックスの仕組みを使うことで、スクリプトを使わずにHTML+CSSだけでアコーディオンメニューUIを作成する方法の解説記事を、All Aboutで公開しました。

スマホ対応も!アコーディオンメニューの簡単な作り方(@All About ホームページ作成)

この記事で解説したアコーディオンメニュー作成方法のポイントは以下の通りです。

  • HTML+CSSだけで作れる。
    →ソースの記述量が短くて済みます。
  • スクリプト不要。
    →jQueryなどのライブラリが不要なだけでなく、そもそもJavaScriptを使いません。
  • アコーディオンメニューとしての動作は、HTMLのinput要素を活用することで実現。
    →ラジオボタンやチェックボックスの動作そのものが、アコーディオンメニューの動作になります。
  • アコーディオンメニューのアニメーション効果は、CSSをほんの数行記述するだけで実現。
    →2つの状態が切り替わる際にアニメーション効果を付加できるtransitionプロパティを1つ記述するだけ。

記事では、「なぜ、ラジオボタンでアコーディオンメニューの動作になるのか?」についても、図を使って解説しています。
また、サンプルページを用意していますから、ソースをコピー&ペーストすることで簡単に試せます。
ぜひ、覗いてみて下さい!

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---