にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/05/11. 12:14:36.

CASIOのWEB修理受付サービスで腕時計の電池交換を頼んだら何故か無料だった話

長年、CASIO製の腕時計を愛用しています。
いま使っているのは2005年製です。ほぼ毎日腕に付けて外出していますし、電池交換もバンド交換もなんどか経ているので、本体は結構傷だらけです。(^_^;)
ここ数ヶ月ほど、バッテリ僅少を示す「BATT」の文字が液晶に表示されていたんですが、先月末頃に完全に消えて電池切れになりました。

これまで、腕時計の電池交換が必要になったときは、ヨドバシ梅田の時計修理コーナーに持ち込んでいました。だいたい40分くらい待つだけで良く、ポイントで1,400円くらい払えば済むのでお手軽でした。
今回もヨドバシに持ち込んでも良かったんですが、寄るのが面倒だったのでもうちょっと楽な方法はないかなー? と探したところ、メーカーのCASIOサイト上で、電池交換を申し込めることを発見しました。

修理お申込み(WEB修理受付サービス) @CASIO
(via カシオホーム - お客様サポート - 時計 - お申込み先(電池交換・修理))

腕時計の型番などを入力して調べると、復路の送料込みで1,000円だけで交換してもらえることが分かりました。
ウェブ上で申し込んで番号を発行してもらい、必要情報が記載されたウェブページを印刷して、腕時計とその紙を同梱して修理センターへ送れば良いだけです。返却されるまでに日数がかかりますが、自らはどこへも出向く必要もなく(ポストに投函しに行く必要はありますが^^;)、時間を潰す必要もないので、楽です。しかも、安めですし。
というわけで、使ってみることにしました。

ウェブ上で申し込んで、印刷して、送って、支払って、返却を待つだけ

CASIOのWEB修理受付サービスは、だいたい以下のような流れだと説明されていました。

  1. WEB修理受付サービスにアクセス。
  2. 腕時計の型番などを入力して、修理料金を確認。(私の場合は税抜き1,000円でした。)
  3. メールアドレスを登録して、送られてくるメールアドレスに書かれたURLにアクセス。
  4. 住所とかの必要情報を入力して、ブラウザ上に表示される修理依頼票を印刷。
  5. 腕時計そのものと、印刷した修理依頼票とを同梱して、修理センターへ送付。
  6. (待つ)
  7. 修理が終わったら連絡が来るので、ネット上で料金をクレジット決済。
  8. CASIOから修理完了品が宅配便で返送されてくるので受け取り。

トータルの日数では、私の場合は10日ほどかかりました。
(急ぐなら量販店の時計コーナーに持ち込んだ方が良いと思いますが。最近は、時刻を確認できるデバイスが増えたので、腕時計って絶対に必須というわけでもないんですよね。^^; まあ、腕で時刻を確認できる方が、iPod touchとかを鞄から出すよりは手早く確認できるので便利です。でも、ないならないで、大きく困るほどではありません。なので、10日くらいなら待ってもいいかな、と思って送りました。)

腕時計の修理センターへの送付にはスマートレターを使ってみた

腕時計と修理依頼票の送付には、郵便局のスマートレター(180円)を使いました。写真のように、腕時計を入れるにはちょうど良いサイズでしたので。Amazonの小型緩衝材封筒がちょうど良い感じだったので、それに腕時計を包んで、スマートレターに入れて発送しました。
「紛失事故を防ぐために、修理センターへは記録の残る方法で送付するように」という注釈も書いてはあったんですが。(^_^;) まあ、そこは郵便局を信じて。

スマートレターに入れた腕時計

CASIOサイト上で修理依頼票を作って印刷したのが、月曜日です。
スマートレターに入れてポストに投函したのが、火曜日です。
そこから2日後の木曜日に、CASIOから受け付けたとのメールが届きました。
そのメールに書かれた受付番号と自分のメールアドレスを使ってログインすることで、ウェブ上で進捗状況を確認できるようになっていて便利でした。

未修理返却するとの連絡が届いた

受付から4日後の翌月曜日に「弊社にて点検/診断の結果、修理作業の前にお客様へのご確認が必要となりました」というメールが届きました。早速ログインして内容を確認してみると、「防水性能に不具合があるため未修理返却させて頂きます」という感じの内容が書かれていました。(^_^;;;
私が望んでいるのは電池交換であって、防水性能はなくて構わないんですけども。
そこに書かれている文面は(選択の余地なく)未修理状態で返却するという意味に取れました。
そこで、ウェブ上の回答ボタンの傍にあった問い合わせフォームから、「防水機能はなくていいから電池だけ交換して欲しいんだけども」というような感じの文面を送ってみました。

すると翌日に、「今後の動作保証はないことをご了承いただけましたら、電池交換のみを実施してご返却させていただきます」という感じの返信がメールで届きました。
そのようにして下さいとお願いして一安心です。
あとはウェブ上から支払いを済ませて返送されるのを待つだけかなー、と思っていたのですが。

支払いを求める連絡が一向に届きません。
その後、「WEB修理受付サービス 修理完了/出荷のご案内」というメールが届きました。
既に私の腕時計は修理センターから発送されているとのこと。

進捗状況をウェブで確認してみると、各ステップのうち「クレジット決済」項目だけが空欄になって飛ばされた状態で、「出荷」項目に日付が入っていました。^^;

進捗確認ウェブの表記

改めてウェブ上の説明を確認してみると、クレジット決済以外に代金引換での支払いもできるようなことが書かれていました。(ただ、手数料が高めでしたが。)
なので、もしかしたらイレギュラーな対応だったために、クレジット決済を飛ばして代金引換で発送されたんだろうか? と思って、一応念のために現金を用意して待っていました。

無料で電池交換だけされて返却された

腕時計は、下の写真みたいな緩衝材を使いまくったすごく厳重な梱包で、佐川急便経由で返送されてきました。
写真中央に見えるCASIOロゴの入った白い箱に私の腕時計が入っていて、その箱が袋やら緩衝材やらに包まれて茶色の箱に入って届きました。

修理センターから戻ってきた腕時計の箱

そして、受け取り時の支払いは……、ありませんでした。^^;
もしかして修理センター内の連絡ミスで、結局電池も交換しないまま返却されたんじゃないか? とも思ったんですが、箱を開けてみたらちゃんと電池交換された私の腕時計が入っていました。日時も正しく設定されています。
完全に無料でした。
同梱されていた書面には「部品入手が困難なため、未修理返却させて頂きます」の文面(黄色矢印の先)と、「修理代金¥0」の印字(緑色矢印の先)がありました。

書面にも修理費用0円の印字が

CASIO修理センター側としては、「防水性能を維持する修理ができなかった」という扱いなのだと思いますが、そもそも私が最初に依頼したのは単に「電池交換」だけです。
CASIO側には、交換する電池、担当者の人件費、返送する宅配便送料の3点が少なくとも費用として掛かっているハズなんですが。(^_^;;;

その後、今日まで特に請求の連絡もありません。(まあ、書類に0円と書いてありますから、0円で処理されたんでしょうけども。^^;)
私の費用負担は結局、最初に腕時計を修理センターへ送付した郵送費(スマートレター)の180円だけでした!

なぜ無料だったんだろうか……。(^_^;;;

コメント

にししさんこんにちわ。耳鳴りで検索していたらにししさんのサイトを見つけました。
私も約3週間程低音の耳鳴りに苦しんでいます。耳鼻科には2件行ったのですが、聴力検査は全く問題なしとのことで血流を良くする薬とビタミン薬を処方され
10日間程飲みましたが改善しない状況です。にししさんの耳鳴りの記事は大変参考になりましたので、完治できるように頑張りたいと思います。

投稿者 ヤマダ : 2017年03月16日 14:04

ヤマダさん、こんにちは。
記事がお役に立ったようで何よりです。

私の方は、初回発症から9ヶ月目にして、ようやく完治ということになったような感じになってきました。今、服薬を止めてみて10日が経ちましたが、今のところ低音耳鳴り症状の再発はありません。
http://www.nishishi.com/blog/2016/12/mri_miminari.html
▲低音耳鳴り症状の記事最後にも追記しておきました。(^_^)

投稿者 にしし : 2017年03月17日 16:46

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。






※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

このブログ内限定での主要なカテゴリ

track word

--- 当サイト内を検索 ---