にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/03/11. 15:24:24.

IEやEdgeの複数バージョンを共存させて表示確認する方法(Microsoftが無償配布している仮想マシンを使って)

2013年にAll Aboutで『仮想環境で古いバージョンのIEでの表示を確認する方法』という記事を公開しました。
Microsoftが古いIEでの表示確認目的で無償公開している「特定バージョンのIEやEdgeがインストールされているWindowsそのもの」を含む仮想マシンイメージを使って、望みのバージョンのIEでウェブページの表示確認をする方法の解説です。

この記事がそこそこ読まれているようで、年1回くらいのペースでちょくちょく改訂し、今月に3回目の改訂を済ませました。
IEだけでなくEdgeも複数バージョンが公開されていたので、タイトルも少し変更して『仮想環境で古いバージョンのIEやEdgeの表示確認をする』としました。

複数のIEを同時に起動できる(IE11とIE7の例) 複数のOSも同時に起動できる(Win上のEdgeとWin7上のIE8)

これらの仮想マシンを使えば、現在お使いの環境(WindowsだけでなくMacでも)上で、IE8・IE9・IE10・IE11・Edge14・Edge15などの新旧各バージョンを起動して任意のウェブサイトの表示確認ができます。

IEもEdgeも、同一環境に複数のバージョンを共存させることはできません。でも、仮想環境プラットフォーム上でWindowsを丸ごと動かせば、そのゲストWindows1つごとに1つのIEやEdgeを動作させられますから、事実上の複数バージョンの共存ができます。わざわざ実験用のPCを別途用意することなく、手軽に表示確認ができるので便利です。
仮想マシン上の話ですから、既存のWindows環境を特に汚す心配もない点でも安心です。

IE6・IE7の配布が終了した代わりに、EdgeのPreview版が増えた

前回の記事から異なる点は、

  • IE6・IE7を含む仮想マシンイメージの公開が終了
  • ゲストOSとして、Windows XP・Windows Vistaのイメージが公開終了
  • Edgeの次期バージョン(Preview/EdgeHTML15)を含むWindows10イメージが追加
  • ダウンロードページのURLが変化したり、日本語版ページがなくなったり。^^;

などです。
単に「古いバージョンのIEで表示確認ができる」というだけでなく、「新しいバージョンのEdgeでも表示確認ができる」ということになっていました。
Windowsユーザにとっても便利ですが、Macユーザでも何らかの仮想環境プラットフォームさえ用意すれば無料でWindowsを動かしてIEやEdgeの表示確認ができますから、便利だと思います。
(逆に、Windows上でSafariの表示確認が(正式に)できるようになったら良いのですけどもねー。)

さすがにもはやIE6やIE7での表示確認は不要でしょうね。
とっくにサポートが終了しているWindowsXPでも、IE8まではバージョンアップ可能でしたから、最も古いバージョンでもIE8があれば充分だという考えでしょうか。

今年の4月にはWindows Vistaのサポートが終了します。それに合わせて、IE9のサポートも終わります。
そうなると、もしかするとIE8の公開も終了するでしょうかね……?
記事中でも少し書きましたが、必要なら早めにダウンロードしておく方が良いと思います。

仮想環境プラットフォームには何を使うのが最も良いかな……?

この記事を最初に公開したときは、Windows7上で「Virtual PC」を使って仮想マシンを動かす方法を解説していました。
しかし、さすがにWindows10もずいぶん普及してきましたし、Virtual PCはWindows10では動きませんから、何らかの別の仮想環境プラットフォームを使った解説も必要かな、と思いまして、今回はVMWare Workstation Playerでの操作方法も加えてみました。(Virtual PCの需要もまだあるでしょうから、以前の解説や画面イメージも消してはいません。)

VMWare Workstation Player12は、64bit版のWindowsだけで動作します。その点を考えると、32bit版でも動作できるVirtualBoxの方を使って解説した方が、より多くの人々に役立つ解説になったかな? と書き上げてから気付きました。(^_^;;;
どうなんでしょうかね。今後に発売されるPCでは、たいてい64bit版のWindows10が動作しているだろうとは思うのですが、Windows7/8からアップグレードしてWin10にした環境だと32bit版もまだ多いかも知れませんね。
(うちにあるWindows10 PCにも、32bit版があります。仕事用のWindows10 PCは64bit版ですが。ちなみに、自宅のメインPCは32bit版のWindows7です。^^;)

まあ、この記事が今後もたくさん読まれ続けてくれたとしたら、また1年後くらいに改稿の依頼が得られるでしょうから、そのときに考えます。^^;

→『仮想環境で古いバージョンのIEやEdgeの表示確認をする』(@All About ホームページ作成)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---