にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:20.

Perlでファイルの存在チェックを簡単に行うには

Perlを使って、特定のファイルが存在するかどうかをチェックしたい場合。

ファイルの存在を確認したい場合、単純に考えると、指定したファイル名でファイルをOPENしてみて、OPENに成功できたら「存在する」、失敗したら「存在しない」…と考えられるわけですが、そんな面倒くさいことしなくても、もっと簡単にファイルの存在チェックができます。

次のようなPerlソースで、ファイルの存在チェックができるのですね~。

my $filename = "check.txt";
if( -f $filename ) {
   print "あるよ\n";
}
else {
   print "ないよ\n";
}

…とってもお手軽です。「 -f "ファイル名" 」とするだけで、ファイルの存在チェックができちゃうのですねー。
いちいち開いてみなくて済むので、楽です。

なお、「 -f 」を使った場合は、「ファイル」だけの存在確認が行われます。
ディレクトリの存在確認をしたい場合は「 -d 」を使います。
ディレクトリもしくはファイルの存在確認をしたい場合は、「 -e 」を使います。
便利ですね…。

他にも、「 -x 」で実行可能ファイルかどうか調べたり、「 -w 」で書き込み可能か調べたり、「 -s 」で空っぽかどうか調べたりできるようです。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---