にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:24.

C++BuilderでJPEG画像を読むのはいいんだけど…

C++ Builderでグラフィックを簡単に扱えるTImageコンポーネントは、基本的にBMP画像しか読めません。でも、Jpeg.hppを使って次のようにソースに書いてやると、TImageコンポーネントでそのまんまJPEG画像が扱えるようになります。

#include <Jpeg.hpp>
#pragma link "jpeg"

この2行をソースに含めてさえいれば、TImageコンポーネントで、特に何も意識することなく、普通にBMP画像を扱うのと同じ手順でJPEG画像を扱えます。
例えば、読み込むんなら次のような感じで。

Image->Picture->LoadFromFile( GraphicPath );

C++ BuilderのMLとかでは、Susieプラグインを使えるようにすることで、様々な画像形式をサポートする方法とかが紹介されてるので、それを活用すれば、いろーんな画像形式を扱えるわけですが、別途Susieプラグインファイル(.spiファイル)が必要なので、あんまりスマートじゃない(というかアプリケーションと同時に再配布していいのかどうか謎)ので、やはり自前で完結する方がいいですよね。

で、このJpeg.hppを使えば、簡単にJPEGが読めるので便利でいいなあ…と思ってたんです。

がー。

これ、JPEGファイルが読み込まれてるときに、画像を編集しようとすると、

エラー:ビットマップを持っているときのみイメージの変更が可能です。
「ビットマップを持っているときのみイメージの変更が可能です。」

…という謎のエラーが出ます。(^^;;;
例えば、次のようなコードで画像中に文字を描き足そうとした場合とか。

Image->Canvas->TextOutA(10,10,"TEST TEXT OUT");

ううーん。やはり、BMPと全く同じように扱えるわけではないのか。
画面上にちゃんと展開できてるんだから、なんか変換してやれば何とでも扱えるだろうとは思うのですが。ちょいと面倒くさいな…。^^;;;

さて、どうしてくれよう…。
…と思ったところで、本日は時間切れ。

最近、PerlとかWeb系のプログラムばっかり書いてたので、そういえばC++言語を使ったのはずいぶん久しぶりなような気がするなあ。STLのListの使い方とか、忘れちゃうよ…。^^;;;
いかん、いかん。
もっと、C++使わねば。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---