にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:15.

Windows XP Service Pack2をWindows Updateを使わずにインストールする方法

Virtual PC上に、Windows XPをインストールしました。実験環境。
で、私が持ってるCDは、Windows XP SP1だったので、それをインストールした後で、SP2をインストール。

以下、メモ。

Windows XP SP2を、Windows Updateを使わずにインストールする方法。(Service Pack2のファイルをダウンロードする方法。)

[1] Microsoftサイトから、「Windows XP Service Pack 2 ネットワーク インストール パッケージ」をダウンロードする。(273.1MB)

こいつがあれば、複数台のPCに同時にSP2を導入する場合や、何度も実験する予定(^^;)の場合に、毎回ネットワーク経由でダウンロードする必要がないので便利。

[2] ダウンロードできた「WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe」ファイルを、そのまま実行はせず、コマンドラインから「/n」パラメータを付けて実行する。

「/n」パラメータを付けると、システムのバックアップを省略してインストールできる。オプションの詳細は@ITの記事に書いてあったのでそこ参照。

Virtual PC上でのWindows XPはなかなか動作が遅いので、できるだけ作業を省略したいし、HDDスペースも節約したいので、バックアップは省略。
そもそも、今インストールしたばっかりのWindows XP SP1では、バックアップすべきモノはないんだし、問題なし。

あとは、ひたすら待つだけ。
ほぼ最後まで全自動。最後の最後で、セキュリティ設定について質問されるので、その設定をするだけ。

これで、Windows XP SP2の実験環境が出来上がりました。

結局、Virtual PCに512MBのメモリを割り当てて、スワップサイズを0にして運用してます。それでも、やっぱり遅いのは遅いですねー。^^;;; まあ、無茶苦茶する実験用であって、実用するつもりはないのでまあ深刻な問題ではないです。

しかし。512MBメモリ割り当ててもここまで遅いんですが。
私の愛用しているPanasonic製Let's note R2には、メモリ256MBしか積んでないんですけど、そっちの方が遙かに高速です。(^^;;;
やっぱり、PCまるごとエミュレートするのはしんどいんですねえ。(^^;;;

参考:
XP SP2 を単独でダウンロードする方法(@MB-Support)
システム ファイルのバックアップを行わずに Windows XP SP2 をインストールする方法(@Microsoft サポートオンライン)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---