にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:24.

「ミミズクと夜の王」、名作だっ!

ミミズクと夜の王(紅玉いづき)電撃文庫から刊行されてる小説「ミミズクと夜の王」(紅玉いづき)を読了しました。
これ、名作だっ!
これはすごいです。読むべし!読むべし!

最初は、ミミズクの独特の口調や雰囲気に引き込まれていって、読み進めるうちに世界観にも引き込まれていって……。解説やオビには、「奇をてらわないまっすぐさ」と書かれてましたが、本当に「まっすぐ」な物語で、そこがとても魅力的です。
(参考:選考委員による「ミミズクと夜の王」の選評@電撃Webサイト)

感動する点について語ろうとするとネタバレっぽくなるので避けますが、世の中によくある(誰かが■■ことで)「泣ける」話なんかではなくて、これこそ真の「感動できる物語」だと言えるんじゃないかと思いました。

この話は、第13回電撃小説大賞の大賞受賞作。大賞受賞も納得だけど、大賞1つでは全然不足していると思えるほど。10個くらい大賞をあげたいです。(^_^;)

ぜひ読んでみて下さい。これは読まないと損です!

◆「ミミズクと夜の王」(紅玉いづき)@電撃文庫

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---