にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:27:27.

2007年後半戦に突入だ…/原稿/ステンレスしおり/積ん読本

月曜日です。2007年後半戦が本格的に始まっちゃいました。
いろいろ悩むことが多いなあー。(^_^;;;

ボツ原稿?

昨日、自主ボツにするかどうか迷った原稿をどうするかはまだ迷ったまま。(^_^;;;
そのまま使ってもいいかなーと思わなくもなくなってきたんだけど、どうしよう……。決定を先送りしていると、そのうち2本目の締め切りがやってくるので、別ネタで書き直すにせよ、そのまま行くにせよ、早いうちに(2~3日以内には)決めてしまわないとー。

進行中の原稿

進行速度が徐々に低下しつつあるのは、完成が近づいてきたからなのか、モチベーションが低下しつつあるからなのか、慣れてダレてきたからなのか。(^_^;;;
でも、ちゃんと日々のノルマは(一応)こなせているハズ。

だと思いたい……。

Amazonオリジナルブックマーカー

Amazonブックマーカー(しおり)ステンレス+合成皮革製のAmazonオリジナルブックマーカー(しおり)を2つもらいました。1回の注文が¥3,980円以上の場合に1個無料でプレゼントしてくれるキャンペーンでもらったもの。
黄色と黒色の2種類あったので、両方1つずつもらってみました。

まだ開封してないんだけど、なんか革部分がささくれてる気が…。裁断に使った刃の鋭利さの問題かな?
ハードカバーくらい大きな本じゃないと活用できなさそうな感じ。(まあ、そもそもソフトカバーや文庫なら普通の紙製のしおりで十分だしな。^^;;;)

本が積み上がっていく…

6月末に一気に注文したいろんな本が、アマゾンからここ数日で続々と到着。(^_^;;;
一気に、本が積み上がりまくり。

ハードカバーの小説は持ち歩きにくいのが難点だなあ。片手で読みにくいし。(^_^;;;
だから、ハードカバーの小説は滅多に買わないんだけど。

最近買った「青年のための読書クラブ」は、新潮社のハードカバー小説。名門お嬢様学校の秘密の部屋が舞台の話らしい。著者は、富士見ミステリー文庫で「GOSICK」シリーズを書いてる人。GOSICKシリーズはかなり気に入ってるので著者買い。(でもラノベじゃないんだよな。^^; 新潮社だし。^^;;;)

あと、「らき☆すた」1巻とか買ってみました。(コミック)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---