にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:01.

「青年のための読書クラブ」おもしろい……っ

青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ」(新潮社)を読み始めました。
おもしろいです。東京にある名門お嬢様学校で、100年間に繰り広げられる物語。
作者は富士見ミステリー文庫で「GOSICK」シリーズなどを書かれている桜庭一樹先生です。

さっき、第1章だけを読了。おもしろい……っ!おもしろいよこれ!
激しくおもしろいです!
ほんのちょっと、かるーく冒頭を読んでみるだけのつもりだったのに、初っぱなから引き込まれて、第1章が終わるまで止められませんでした。(^_^;)
おもしろいよこれ!

第1章は、1969年頃が舞台。頭は良いが見た目が悪くて狡猾なために周囲から異端視されてる少女が、見た目は良いが元貧乏人出身なために周囲から無視される転入生少女を、学園での(偽)王子に仕立て上げる話。
おもしろいです。

◆「青年のための読書クラブ」(@Amazon)
話題の本「青年のための読書クラブ」(@新潮社)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---