にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:01.

「魔女を忘れてる」読了

魔女を忘れてる富士見書房から刊行された四六判ソフトカバー小説「魔女を忘れてる」を読了~。
最も驚愕な点は、この複雑怪奇なストーリーを思いついた作家の脳みそだ……。

何が事実で何が幻覚なのか?読み進めれば読み進めるほど混乱してきて、事実が明らかになるたびに驚いたり。魔女は本当なのか?灰には一瞬でなったのか?それとも集団で幻覚を見ただけ? 少しずつ事実が明らかになりつつも、全然先が読めない展開で、事実が何なのか気になりすぎて、一気に読了。
おもしろかった。

ただ、おどろおどろしい話というか、読後感がスッキリな話ではないのですが。(^_^;)
でも、双子少女が萌えー。これは萌え。萌えがメインの小説ではないけど、彼女らはいいなあ。(笑)
この小説、普段小林めぐみ先生が書かれているライトノベルがメインターゲットとしてる年齢層よりもかなーり大人向けですね!(^_^;;;

これはたぶんこの本に限らず、富士見書房の新しい単行本シリーズ共通なんだろうと思うんだけど、装丁がおもしろいです。ハードカバーっぽく見せたソフトカバーみたいな感じ? 開いてみると、一体いくつカバーがあるんだ?と一瞬思いました。^^;

◆「魔女を忘れてる」(小林めぐみ/富士見書房)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---