Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2014/03/05. 11:03:21.

忘れたパスワードの「***」表示を見る方法

パスワードを入力・表示する場面では、たいてい「*****」や「●●●●●」のような記号で入力文字がマスクされて表示されます。実際に入力した内容は、画面上には表示されません。パスワードを忘れてしまった場合、この「*****」のようなマスク部分に何という文字があるのかを知りたいと思うことがあります。それには、「*****」のようなパスワードのマスク表示を通常の文字列に変換表示してくれるツールを使うと便利です。

パスワードのマスク表示を実際の文字に変換表示してくれるWindows用フリーソフトとして「パスみえ2000」というソフトがあります。簡単に使えて便利です。

「パスみえ2000」の使い方

[STEP.1] ダウンロード

まずは、「パスみえ2000」の作者サイトVectorなどからソフトウェアをダウンロードします。ファイルは、「pass0100.lzh」で約7.58KBと非常に軽量です。低速回線でも一瞬でダウンロードできるでしょう。

※なお、ZIP形式ではなくLHAのLZH形式で圧縮されているので、LZH形式の圧縮ファイルを解凍できる環境でないとファイルを展開できません。もし、LZH形式のファイルを展開できない場合は、「Lhasa」や「Lhaca」などのLZH形式圧縮ファイルを展開できるフリーソフトを先に導入しましょう。(正規のWindowsを使っていることを確認するツールを導入した特典として、MicrosoftサイトからZIP形式と同じようにLZH形式も圧縮フォルダとして扱えるオプションが提供されています。それを利用しても便利です。)

パスみえ2000の構成ファイル(2つ)

展開すると、PASSMIE.EXE と PASSMIE.TXT という2つのファイルが出てきます。前者が「パスみえ2000」の本体プログラムで、後者は添付テキスト(著作権表示や使用方法案内など)です。

[STEP.2] 知りたいパスワード画面を表示

内容を知りたいパスワードの「*****」というマスクが表示された画面を表示します。他のウインドウに隠れてしまわないように、見える位置に表示しておきます。下図は、FFFTPのパスワード表示画面の例です。

調べたいパスワードのマスク表示がある画面の例

[STEP.3] パスみえ2000を起動

PASSMIE.EXEをダブルクリックして、「パスみえ2000」を起動します。
ものすごく小さなウインドウが開きます。

「パスみえ2000」のウインドウ

[STEP.4] アイコンを「*****」の位置までドラッグ

「パスみえ2000」のウインドウ左端にあるアイコンを、パスワードの内容を見たい「*****」表示の位置までドラッグ&ドロップします。(※アイコンの上でマウスの左ボタンを押し下げ、そのままボタンを離さずにマウスを動かして、パスワードの表示領域まで移動してから、マウスの左ボタンを離します。)

調べたいパスワードマスクの上までアイコンをドラッグ

[FINISH] パスワードの内容が判明

すると、パスワードのマスク表示が解除されて、パスワードの内容が見えます。(ソフトウェアによっては見えない場合もあります。)

パスワードのマスク表示が解除され、内容が判明する

以上です。
たいていのWindowsソフトで使えると思います。そんなに試したわけではありませんが、過去に使えなかったソフトにはほとんど遭遇していない気がします。

※このエントリ中のサンプル画像にあるパスワードは、架空のものです。(^_^;;;
※この「パスみえ」でのパスワード表示が機能するのは、Windows XPまでのようです。Windows Vista以降ではダメっぽいです。

この日記へのコメントはお気軽に! コメント数:12 トラックバック数:0

コメント

ダウンロードしてもファイルが開けませんでした。

投稿者 無 : 2009年08月29日 17:43

上にも書いてあるんですが、「パスみえ」はLZH形式で圧縮されていますので、通常のWindowsでは展開(解凍)できません。

ですから、先に「LZH形式の圧縮ファイルを展開できるソフト」をインストールしておく必要があります。
LZH形式の圧縮ファイルを展開できるフリーソフトとしては、「Lhasa」や「Lhaca」が有名で、使い方も簡単です。(インストールして設定すれば、それ以降はLZHファイルをダブルクリックするだけで展開できるようになります。)

「Lhasa」や「Lhaca」の配布先は、上記の記事中からリンクしていますので、ご参照下さい。

投稿者 にしし : 2009年08月30日 00:59

こんなツールがあったのですね…
助かりました。^^;

投稿者 うえ : 2011年09月13日 16:13

*****のとこやったら●になりました

投稿者 Anonymous : 2011年09月20日 00:58

違法じゃなかったらダウンロードするんですがどなたか教えてください!!

投稿者 ああ : 2011年12月16日 15:54

***とマスクされているのは、単に背後に居る人にパスワードが見えないようにする目的ですし、パスワードは元々自分が設定したんですから、それを見るのは別に違法でも何でもないですよ。

投稿者 にしし : 2011年12月20日 19:22

パスワード
暗証番号。

投稿者 佐々木あゆみ : 2012年01月01日 18:52

導入して見ましたが、「********」から「●●●●●●●●」へ変わっただけで、読めません。何故でしょうか?判る方いらっしゃいましたら、ご教示くださいませ。

投稿者 やたろう : 2012年01月14日 14:49

IEのオートコンプリートで表示させたパスは見ることが出来ません。

投稿者 三住太郎 : 2012年04月11日 10:00

fire foxのプラウザでも可能でしょうか?

投稿者 林 俊治 : 2012年05月17日 11:40

テスト

投稿者 松元幸二 : 2012年07月30日 15:24

期待したのにダメでした。。。
OS は Win7 です。
状態は ●●●●● に持って行っても微動だにしません(笑)。

投稿者 ぷっちんプリン : 2012年10月05日 20:48

コメント数: 12件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

投稿後、投稿できていないように見えることがあります。ブラウザのキャッシュが読まれているだけですので、ページを再読込すれば(=たいてい[F5]キーを押せば)投稿内容が反映されていることが確認できるはずです。連続投稿を試す前にご確認下さい。(^^;)

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)